私の中の神殿という種 四旬節第3主日(ヨハネ2・13〜25)

「便利」というのは、私たちの暮らしを快適にすることができるとても魅力的な言葉です。科学や技術の発展で特に家電製品や自動車、携帯電話やスマートフォンなどは、ここ数年で目覚しい変化や改良がなされ「便利」になってきました。しかし、時としてこの「便利」という言葉の中に大きな「落とし穴」があることも事実と言ってもいいでしょう。私たちの生活を振り返る時、その【便利さ】に固執するあまり、逆に「便利さから縛られている」こともあるのではないでしょうか。もう一度「何が大切なものなのか」を見直すこともいいかもしれません。

きょうのみことばは、イエス様が神殿から商人を追い出す場面です。イエス様は、過越の祭りが近づいたので、エルサレムの神殿にお上りになられます。イエス様は神殿の境内で牛、羊、鳩を売る者や両替屋が座っているのをご覧になられます。当時、エルサレムの神殿に参拝する人は、神に生贄を捧げるために牛、羊、鳩のいずれかを連れてきていたようです。しかし、自分たちが住んでいる所から何日もかけてエルサレムに旅をしなければならないので、生贄にする動物をエルサレムの境内で買っていたのではないでしょうか。参拝者にとっては、動物の餌やエルサレムまでの道中を考えると、境内でそれらの動物を買えるということはとても助かるわけです。

一方、商人たちは、参拝者から多少の手数料を取りながら動物を販売します。もちろん、その手数料の中には、神殿の祭司長たちに収める「場所代」も含まれていたのでしょう。両替屋も同じように神殿に収める献金は、人々が日常使っているローマの貨幣を使うことができないため、古代のユダヤの貨幣に取り替えていたのです。ここでも同じように両替屋は、参拝者から多少の手数料を取っていたようです。イエス様は、一見参拝者のために「便利」なように見えるそれらの店も、その裏では人間的な醜い部分があることをお怒りになられたのです。

さらに、彼らが商売をしていた場所にも問題があったようです。この「境内」は、「異邦人の庭」と呼ばれる所でエルサレムの神殿に入ることが許されない「異邦人」たちは、この庭で参拝していたようです。言い換えれば彼らにとってこの「境内」が唯一「おん父に祈りを捧げる場」だったのです。しかし、その祈り場を商人たちと祭司長たちは、人間的な醜さの【場】としていたのです。イエス様は、そんな彼らの醜さをご存知になられていたので「これらの物はここから運び出せ。わたしの父の家を商売の家にしてはならない」と言われたのでしょう。私たちももしかしたら、自分たちの都合や便利さを優先させるために大切な部分をないがしろにしているかもしれません。

ユダヤ人たちは、イエス様のこのような行いを見て、「こんなことをするからには、どんな徴をわたしたちに見せてくれるのか」と言います。彼らに対してイエス様は、「この神殿を壊してみよ。わたしは三日で建て直して見せよう」と言われます。イエス様が言われた【神殿】はご自分の体のことを言われておられます。実際イエス様は、ユダヤ人たちの手によって【十字架】にかけられ【三日目】に【復活】なさいました。それは、私たちの罪を贖ってくださるという「おん父のみ旨」でもあり、【いつくしみの愛】なのではないでしょうか。イエス様が言われる「この神殿を壊してみよ。」という言葉は、私たちに対しても言われているのかもしれません。

パウロは、「あなた方は知らないのですか。あなた方は神の住まいであり、神の霊があなた方の中に住んでおられることを。もし、神の住まいを壊す者があれば、神はその人を滅ぼされるでしょう。神の住まいは聖なるものであり、あなた方はその住まいなのです。」(1コリント3・16)と伝えています。私たちは、罪に陥る弱い者です。私たちは「自分が神の住まい」であることを忘れ【神殿】を壊してしまうこともあります。それは、周りの人の【神殿】でもあり自分自身の【神殿】の時もあります。それでも、イエス様は罪を悔やみ、ご自分の方に立ち返る私たちの【神殿】を【建て直して】くださるのです。きょうのミサの共同祈願の結びの祈りで司祭は、「罪の重荷と悪のきずなから解放し、主とともに生きる力を与えてください。」と唱えます。この祈りは、私たちが弱さのために犯した罪の苦しみをイエス様の代理者として司祭がおん父に祈っているのです。私たちも司祭と共にこの祈りを心から祈ることができたらいいですね。

私たちは、四旬節の典礼を黙想しながら【復活】を迎える準備をしています。私たちの中の【神殿】はどのような状態なのでしょう。便利さを大切にするあまり大切なものを忘れてないないでしょうか、自分の都合を優先し相手をまたは、自分を傷つけていないでしょうか。何度でも神殿を建て直してくださるイエス様に信頼し、立ち返る力を願うことができたらいいですね。

あなたにオススメ