ベトナムの旧正月まであと二週間

今年の旧正月は2月16日(金)ですが、ベトナムのホーチミン市内もその雰囲気がだんだん感じられるようになりました。

この時期、お世話になった方々にどんなプレゼントを差し上げるか、ちょっと悩むところです。日本で言えば、お歳暮のようなものでしょうか…。

2月2日(金)の午後、ちょっとお店をのぞいてみました。いろいろな商品が所狭しと並べられています。

商品も40万ドン(日本円で約2,000円)のものから、100万ドン(約5,000円)、150万ドン、ちょっと高級なものになると、250万ドン(約12,500円)くらいの値段がついています。

昨年と同じものでいいかなあと思ったら、昨年よりも20%から30%くらい、値上げされている感じです。

ここのところ、経済成長も著しいので、その影響もあるのかなあと思いました。

去年の相場でお金を準備してきたので、今年は昨年よりもちょっと小さめのプレゼントになりました。

受け取る人は、ちょっとケチったように感じるかなあ?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 断食の歴史が知りたいです。教えてください。キリスト教の断食は、ユダヤ教の断食の習慣を受け継いで…
  2. 2017年1月22日、ブラジルのサンパウロ修道院において、フランシスコ・ガルヴァオ神学生、ホアオ・パ…
  3. 4月30日に記念される聖ピオ5世教皇を取り上げることにしましょう。教皇ピオ5世は、歴史的には、スペイ…
  4. 【新たな幸福を見つけて♪教皇フランシスコの365の言葉】サンパウロ東京店<キリスト教書籍フロアー>…
  5. 神様は、様々な形で私たちをお招きになります。「どうしたら、聖パウロ修道会の神父・修道士になれるの…
PAGE TOP
Translate »