イエス様を宣伝するという種 年間第5主日(マルコ1・29〜39)

洗礼の恵みをいただいている人は、人生のどこかでイエス様に触れられ、呼ばれたからと言っていいでしょう。同時に洗礼の恵みをいただいた人は、イエス様に仕え、イエス様とともにいるという喜びを人々に伝えるという使命をいただいています。このことが、【福音宣教】と言っていいのではないでしょうか。

 きょうのみことばは、イエス様が人々にご自分の宣教の姿を伝える場面です。イエス様は、カファルナウムの会堂で汚れた霊に憑かれた人を癒された後、ペトロの家に入られます。みことばには「一行は会堂を出て、まっすぐシモンとアンデレの家に行った」とあります。いまでもカファルナウムに行くと、会堂とシモンの家の跡が残っていますが、まさに目と鼻の先というくらい近い距離にシモンの家があります。会堂でイエス様が汚れた霊に憑かれた人を癒したという秘跡は、たぶんシモンの家族にも伝わったことでしょう。

それで、イエス様がシモンの家に入られた時に、家族の誰かがシモンの姑が熱を出して床に就いていたので、彼女のことをイエス様に知らせます。彼らは、イエス様が彼女の病を治してくださるに違いないと思ったのでしょう。私たちは、「熱を出して床に就く」というと風邪か何かを思い浮かべますが、パレスチナではマラリアに罹っていたと考えられ、命に関わるような危険な病気であったようです。彼らは彼女のことを早速知らせますが、この【早速】というのは、ただ単に時間的な表現ではなく「イエス様に病気のことを知らせますが、後は”イエス様にお委ねします”」という意味のようです。イエス様は、彼らの彼女への愛を感じ、彼女の病を癒されます。みことばは、「すると熱が引き、姑は一同をもてなした」とあります。彼女は、イエス様から癒していただいたことへの感謝と喜びで彼らをもてなしますが、この【もてなす姿】が使徒の姿、イエス様に仕える姿を表しているようです。

シモンの姑が癒されたことは、瞬く間にカファルナウムの町に広まったのでしょう。夕方、つまり安息日が終わってから、人々は、病人や悪霊に憑かれた者をみな、イエス様のもとに連れてきます。みことばは「こうして町じゅうの人が戸口に集まった」とあります。イエス様の癒しは、シモンの【家】から始まり次に、【戸口】へというように【宣教活動】がだんだん外へと向かっていきます。イエス様は、病気を抱えた大勢の病人を癒され、多くの悪霊を追い出し、ものをいうことをお許しになられませんでした。ここでは、「町じゅうの人」とか「大勢の病人」とありますが、本当にイエス様の助けを必要としていた人が多かったということを表しているのではないでしょうか。これは、今の私たちの周りにも当てはまることでしょう。イエス様は、私たちをとおして人々を癒されているのと言ってもいいのかも知れません。

イエス様は、朝早く、まだ暗いうちに起きて、人里離れた所に出かけ、そこで祈られます。イエス様は、前の日の夕方から町じゅうの人を癒し、教えお疲れになられたことでしょうが、それでもまだ暗いうちから起きて、人里離れたところで祈られます。みことばは【福音宣教】が、イエス様がなされた【活動】と【祈り】が不可欠ということを私たちに伝えているのではないでしょうか。イエス様は、まだ、涼しくて誰も活動に入っていない静かな時間帯に、さらに人里離れた所に出かけて行き祈られます。イエス様は、おん父との親密に祈ることができる【場所】をお選びになられたのです。私たちもこのようにおん父に祈る場所を確保することができたらいいですね。

シモンと仲間たちは、イエス様が祈っておられる所に来て「みんながあなたを捜しております」と言います。彼らは、あくまでもイエス様を自分たちだけのお方として考えていたのかも知れません。しかし、イエス様のお考えは、「一緒に近くのほかの町や村に行こう。わたしはそこでも宣べ伝えなければならない。わたしはそのために出てきたのである」と言われます。確かに私たちは、イエス様との親密な関係が必要ですが、それは【私だけのため】ではありません。イエス様の愛に触れた私たちは、その喜びを人々に伝えるという使命が与えられているのです。パウロは、「わたしが宣べ伝えても、誇りにはなりません。そうしないではいられないからです。もし福音を宣べ伝えないなら、わたしにとって災いです」(1コリント9・16)と言っています。パウロは、イエス様のことを伝えたくてたまらなく、体の奥から湧き上がってくるような抑えられない気持ちがあるのではないでしょか。私たちもパウロのような気持ちでイエス様と触れた喜びを人々に【宣べ伝える】ことができたらいいですね。余談ですが、「宣べ伝える」と「宣伝」とは、同じように思うのです。私たちが【福音宣教】するということは、イエス様の福音を「宣伝」しているということなのかも知れませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  2. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  3. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  4. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  5. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…

ピックアップ記事

  1. 2017年8月3日~5日、韓国のソウル修道院において韓国地区全会員(終生誓願者26名、有期誓願者2名…
  2. 【ベストセラーランキング】サンパウロ全店舗の売れ筋ランキングをご紹介します☆ご購入のご参考にどう…
  3. 2017年2月7日(火)、ユスト高山右近が列福されることになりました。この列福のためには、70年以上…
  4. 今日のみことばに登場するファリサイ派の人はとても立派な人です。「週に二度断食し、全収入の十分の一を納…
  5. 6月30日、わたしたち聖パウロ修道会は、パウロ家族(聖パウロ修道会を含む10の会からなる家族)の固有…
PAGE TOP
Translate »