ベトナムの旧正月を前にして

ベトナム語学校もお休みなので、サイゴン市内を散策してみました。

サイゴン教会の裏手にはダイヤモンドプラザがありますが、その正面の飾りは毎年とてもきれいなものです。

正面の飾りをよく見てみると、昨年の飾りと今年の飾りがきれいに並べられていて、見るだけでも楽しいものです。

さらに近くを歩いていたら、市内案内のポスターも旧正月の飾りになり、ケンタッキーフライドチキンまで、旧正月の飾りになっていました。

さらに歩き続けていると、9月23日公園では、日本とベトナムの交流45周年にちなんで、日本展が行われ、日本のいろいろな会社が出店していました。けっこうたくさんの人でにぎわっていました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 私たちは、朝、目覚めた時に、洗顔やシャワーをして「今日も一日頑張ろう」という気持になるのではないでし…
  2. この時期、町にはクリスマス・イルミネーションが飾られ、百貨店ではクリスマス商戦が始まり、テレビやラジ…
  3. イタリアのアルバーノ・ラツィアーレには10名の修練者がいますが、彼らが昨年の8月から、使徒職の新しい…
  4. 東日本大震災後70カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  5. 今回は、現代の聖人の一人、聖ピオ(ピエトレルチーナ)について記すことにします。「パードレ・ピオ」(イ…
PAGE TOP
Translate »