早朝の祈り 年間第5主日(マルコ1・29~39)

イエスの行動を追いかけながら今日の箇所全体を読んでみると、次のようになります。まずイエスはペトロの義理の母の所へ行き、彼女が熱を出していたので、彼女を癒します。夕方になると、病人や悪霊に取りつかれた人たちがたくさんやってきて、イエスはそうした人々も癒していきます。次から次へと種々の活動が続く中、ゆっくりする暇もなかったことでしょう。翌朝になると、人里離れた所で静かに祈っておられました。その後、ガリラヤじゅうをめぐり歩き、あちこちの会堂で福音を語り、悪霊を追い出します。

このようにイエスの活動を見てみると、数多くの活動がある中で、その中間に、早朝の祈りがあります。活動の中心は祈りということでしょう。

ある年の1月中旬、郷里の西木場教会へ行った時のことです。玄界灘に近いこともあり、北西の風が吹き、とても寒く感じました。そのころ、教会にはダルマストーブが置かれ、主任司祭は午前4時30分頃にはこのストーブに火を入れる。ミサに来る信者たちが少しでも暖かく感じるようにとの配慮からでしょう。5時30分くらいになると教会の中も暖かくなり、方々から信者たちがミサにやってきます。早朝の祈りにとても感動を覚えました。

またパウロ家族の創立者ヤコブ・アルベリオーネ神父も祈りの人でした。ステファノ・ラメラ神父は「朝の三時半から彼(アルベリオーネ神父)の一日は始まり、夕食後約一時間たった21時ごろに閉じられた。『早く床につき、早く床から出る』というのは彼のモットーだった。人に教え、それより先に自分がこれを実行していた。一日の最初の部分、最良の時間は祈りにあてられた。ミサ聖祭を4時半にささげ、7時まで祈りが続く。そして、受けた手紙に目を通したり、事業のために次第に増えていく訪問客との面接やあらゆる仕事をする」(ステファノ・ラメラ著、大滝玲子訳『今世紀の一大驚異』参照)と記しています。

いつの時代でも、早朝の祈りは活動の中心になっています。

あなたにオススメ