第35回パウロ家族の総統治会議

2018年1月8日~10日、イタリアのアリッチャにある黙想の家で、パウロ家族の総統治会議が行われ、パウロ家族が抱えている課題についてお互いに分かち合いました。

この会議では、アルマンド・マッテオ神父、シスター・レジーナ・チェザラート(師イエズス修道女会)、アレックス・ザノテッリ教授が講演しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. ベトナムのホーチミン市内でひときわ目立つのはサイゴン教会です。街のシンボルと言ってもよいでしょう。…
  2. 最近では、「復活」という言葉を、キリスト者ではない人もよく使っています。例えば、「スランプから『復活…
  3. とまにちわ!また会いに来てくれてありがとうございます。久しぶりに、いただいたお便りをご紹…
  4. 教会は、1月26日に、聖パウロの協力者であり、弟子でもあった聖テモテと聖テトスを祝います。この2人の…
  5. 2017年6月24日、フィリピンのマカティ修道院で二名の会員(アルベルト・ガロン神学生とエリック・マ…
PAGE TOP
Translate »