コミュニケーションの使徒マジョリーノ・ヴィゴルンゴを出版

2018年1月4日、コミュニケーションの使徒マジョリーノ・ヴィゴルンゴの小冊子がカルロ・レカルカティ神父によって出版されました。この本の中で、ヴィゴルンゴの模範的な生き方や証が記されています。彼は1988年3月28日、教皇ヨハネ・パウロ二世によって、尊者に挙げられています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 断食の歴史が知りたいです。教えてください。キリスト教の断食は、ユダヤ教の断食の習慣を受け継いで…
  2. 「あなた方はこれらのことの証人である」(ルカ24・48)とイエスは語ります。その証人となるため、弟子…
  3. 聖パウロは「キリストが私の内に生きている」と言っているそうですが、これって聖パウロが多重人格障害を持…
  4. 楠本正良修道士(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 自分自…
  5. 一九一四年(大正三年)に細々と発足した聖パウロ会は、第一次世界大戦の荒波をもろにかぶった。出版使徒職…
PAGE TOP
Translate »