ベトナムは旧正月の準備

日本では正月気分も抜けて、平常の雰囲気でしょうか。今朝(1月17日)、東京からベトナムへ戻ってきたのですが、ちょっと市内を散策してみました。

街は2月16日(金)の旧正月に向けての準備をつくづく感じました。それまでは、クリスマス、正月の雰囲気があったのですが、街の雰囲気、飾りがすっかり変わった感じがします。

中心街でも大通りや大きな店では旧正月の飾りが目立つようになりました。また語学学校の近くにあるサイゴン神学校の前の通りも一変してしまいました。

それまではとても高い木が植えられ、暑い直射日光を遮るのにとてもよかったのですが、伐採されたため、直射日光をモロに感じるようになりました。

今日は曇っていて、それを直接に感じることはありませんでしたが…。ベトナム戦争前から植えられていた木でしょうが、もったいないような…。

これも旧正月に向けての準備なのでしょうか…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  2. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  3. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  4. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  5. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…

ピックアップ記事

  1. 聖パウロのシンボルの一つが書物だそうですが、当時の書物はどのようなものだったのでしょうか。パウロが左…
  2. 3月19日は聖ヨセフの祭日です。ヨセフは、イエス・キリストが人として生まれるにあたり、大切な役割を果…
  3. 1月23日に亡くなったアウグスチヌス牧山忠治修道士(享年83歳)の葬儀が26日、東京・聖パウロ修道会…
  4. 私は、1週間ほどベトナムに行く機会をいただきました。それは、ベトナムにあるパウロ会の修道院の生活を体…
  5. 誘惑は誰にでもあります。甘い物を好きな人が、医者から止められているのにもかかわらずついつい食べてしま…
PAGE TOP
Translate »