主へのきっかけに気づくという種 年間第2主日(ヨハネ1・35〜42)

人との出会い、また、何か物事との巡り合わせというのはきっかけが大切になるのではないでしょうか。少し前に「いつやるか? 今でしょう」という言葉が流行りましたが、その【今】を逃がしたとき、次の機会がまた来るのかどうか判断できない時があります。

きょうのみことばはイエス様がご自分の最初の弟子たちを選ばれる場面です。ヨハネ福音書は、他の福音書のようにイエス様がご自分から弟子たちのところに足を運ばれていませんし、選ばれた人数も違い、ガリラヤ湖畔でもなく漁師であったということも記されていません。ヨハネ福音書では、弟子たちの素姓に関しては、あまり関係がないようです。ただ大切なことは、イエス様と関わり、ついて行くということではないでしょうか。

 みことばは、「ヨハネはまた、二人の弟子とともに立っていた。そして、イエスが歩いておられるのを見つめて言った、『見るがよい。神の小羊だ』。二人の弟子は、ヨハネがそういうのを聞いて、イエスについて行った」とあります。洗礼者ヨハネは、前の節でも「見るがよい。世の罪を除く神の小羊だ」(ヨハネ1・29)とイエス様について言っています。洗礼者ヨハネは、イエス様に洗礼を授けた後翌日に再びイエス様が歩かれているのを見つめて弟子たちに「見るがよい。神の小羊だ」と伝えたのでした。洗礼者ヨハネはイエス様のことを【神の小羊】ということで、イエス様こそ「神の子」であると弟子たちに伝えたのです。

二人の弟子たちは、洗礼者ヨハネの言葉を聞いてイエス様について行きます。洗礼者ヨハネは、イエス様の所に自分の弟子たちを向かわせるという使命があったのかもしれません。彼は自分のことを「……わたしはその方の履き物の紐を解く値打ちもない」(ヨハネ1・28)というように徹底して自分に与えられた使命に忠実に従ったのでした。私たちは、洗礼者ヨハネのように周りの人をイエス様に向かわせる使命をいただいていると言ってもいいかもしれせん。

 二人の弟子たちは、師である洗礼者ヨハネの言葉を聞いてイエス様について行きます。弟子たちにとってイエス様との出会いのきっかけは、洗礼者ヨハネの「見るがよい。神の小羊だ」という言葉だったのです。彼らが洗礼者ヨハネの言葉を聞いてもイエス様について行かなかったらきっと、イエス様の弟子になる機会はなかったことでしょう。私たちは、日常の生活の中で、響いて来る「見るがよい。神の小羊だ」というような言葉かけに気がつくような耳を持つことができたらいいですね。

イエス様は、ご自分の後について来る二人の弟子たちを見て「何を求めているのか」と言われます。普通ですと「なぜついて来るのか」と聞かれるでしょう。しかし、イエス様は、弟子たちが洗礼者ヨハネの所から出て自分の所について来る「何か」があることに気がつかれたのかもしれません。私たちもただ単にイエス様について行くというのではなく、「何かを求めている」ことでしょう。弟子たちの答えは、「どこにお泊まりですか」というものでした。この答えも何だか妙な感じがします。この「お泊まりですか」という中には、「どのような生活をしていますか」という意味が含まれているようです。イエス様は、彼らの答えを聞かれて「来なさい。そうすれば分かる」と答えられます。この「来なさい」という言葉に召命の一つのポイントがあるようです。二人の弟子たちは、洗礼者ヨハネの言葉に背中を押され、さらにイエス様の「来なさい」という言葉でイエス様の所について行きます。

彼らは、イエス様について行きイエス様が留まっている所を【見て】そこに【留まり】ます。彼らにとって、実際のイエス様の生活を【見ること】と【留まること】が信仰を深めるために必要な要素なのではないでしょうか。私たちは、まずイエス様の所に【留まり】、イエス様からのメッセージを心に止めるとき、私たちの信仰は豊かになるのかもしれません。
 弟子たちは、そこに留まってイエス様が「神の小羊」だということに確信したのでしょう。彼らの一人アンデレは、兄弟シモンに「わたしたちは、メシア−訳すと『油注がれた者』−を見つけた」と知らせます。アンデレは、イエス様の所に留まるだけではなくその喜びを兄弟に知らせたのです。これをきっかけでシモンはイエス様と出会い、名前がシモンから「ケファ(ペトロ)」と変えられます。聖書の中で名前が変えられる時は、特別な使命を与えられます。シモンは、これから弟子たちの中心として働くという使命を与えられます。

きょうのみことばは、イエス様と働くという【召命】が描かれているようです。【召命】は、誰かのイエス様に繋ぐ「言葉」や「出来事」があり、それに【気がつき】【行動を起こす】ことで成就するのだと思います。私たちは、 私たちの周りに響いて来る【召命】のきっかけに気がつくことができればいいですね。

関連記事一覧