日本カトリック教会の祈願日と行事――カトリック教会生活入門

日本カトリック教会は、ローマ教皇の呼びかけや招きに応えるために、現代の必要性に応じて、さまざまな祈りの意向を定めています。
※「+」をクリックすると祈願日の説明が表示されます。

世界平和の日(1月1日)

1968年1月1日、教皇パウロ六世はベトナム戦争が激化するなか、平和のために特別な祈りをささげるよう呼びかけました。それ以来、全世界のカトリック教会は毎年1月1日を「世界平和の日」とし、戦争や分裂、憎しみや飢餓などのない平和な世界が訪れるように祈っています。

キリスト教一致祈禱週間(1月18日〜25日)

キリスト教諸教会では、毎年この1週間を、キリスト教一致祈祷週間と定めています。キリスト教会の歴史の中では、16世紀に宗教改革が起こり、キリスト教世界に対して、福音の純粋な精神に立ち戻るように呼びかけました。しかし、歴史の中で政治や民族抗争などが絡み、教会分裂と混乱が生じました。20世紀になって、世界各地でキリスト者が教派を超えて一致しようという運動が盛んになりました。1968年以来、毎年テーマを決めて、一致のための祈りがささげられています。

世界こども助け合いの日(1月の最終日曜日)

世界こども助け合いの日は、子どもたちが使徒職に目覚め、思いやりのある人間に成長することを願って制定されました。日本では、子どもたちが自分のお小遣いを貯めたり、貧しい国の子どもたちへの連帯感をもって献金したりします。大人も、もちろん子どもたちのこの運動に大いに協力し、この日の献金を捧げています。

世界病者の日(2月11日)

教皇ヨハネ・パウロ2世によって定められ、毎年メッセージを発表しています。この日は、全世界の病気で苦しんでいる方に、ふさわしい援助の手がさしのべられるように祈るとともに、病気の人自身が、苦しみの意味をよく受け止めることができるように、奨められています。また、カトリック医療関係者だけでなく、広く社会一般にも訴えるようにも奨められています。

四旬節愛の献金(四旬節中)

教皇は毎年、四旬節に向けてメッセージを発表し、キリストを信じるすべての人が四旬節の精神をよく理解して、回心と愛のわざに励むよう呼びかけます。この呼びかけにこたえて日本のカトリック教会は、虐げられ、差別され、見捨てられ、いのちの危機にさらされている人たちとの共感を大切にするよう一人ひとりに訴えるとともに、四旬節中の「愛の献金」を奨励しています。

世界青年の日(受難の主日)

教皇ヨハネ・パウロ2世は、全世界の青年たちにメッセージを送り、1986年から「世界青年の日」を受難の主日に祝うようにと定められました。教皇は毎年この日に、世界の青年たちに向けて「教皇メッセージ」を送っています。

聖地のための献金(聖金曜日)

教皇レオ13世は1887年、カトリック教会のすべての小教区に聖地のための献金を命じました。ローマ教皇庁に集められる献金は、現在、イスラエル、ヨルダン、キプロス、パレスチナ自治区内にある数多くの巡礼所や聖堂などの維持管理に充てられるほか、聖地の貧しい兄弟のための福祉施設や教育施設の運営、奨学金や生活保護などのために使われています。

神のいつくしみの主日(復活節第2主日)

教皇ヨハネ・パウロ二世は2000年から、ご復活の主日の次の日曜日(復活節第二主日)を「神のいつくしみの主日」と定め、この主日に神のいつくしみに対する特別の信心を行うよう定められました。この信心によって、信者たちはそれぞれ自分を反省して、罪のゆるしを得た後、兄弟姉妹をすぐに赦すよう促されます。

世界召命祈願の日(復活節第4主日)

1964年、教皇パウロ6世によって定められました。ことに司祭、修道者への招きのために祈っていきますが、神の招きは人それぞれ異なりますので、自分に対する神の望みを祈りつつ探していくことが大切です。そのためにも、一人ひとりの心に語りかける神の声に耳を傾け、その声に従う勇気を祈り求めましょう。

世界広報の日(復活節第6主日)

カトリック教会は、第2バチカン公会議の最初の公文書として出された「広報機関に関する教令」によって、全世界で毎年、「世界広報の日」を記念するように定めました。日本では、復活節第6主日に「世界広報の日」のために祈り、「世界広報の日」のテーマを教会全体で考え、祈り、献金を行います。1967年以来、毎年、特別のテーマが定められ、教皇メッセージが出されています。

聖ペトロ使徒座への献金(聖ペトロ聖パウロ使徒の祭日または直前の日曜日)

聖ペトロ使徒座への献金は、8世紀ごろイギリスで始まった、大人も子どもも一番小さなお金である1ペニーを毎年教皇に献金する運動がもとになって世界中に広まったものです。教皇に心を合わせて、世界中の苦しんでいる人々のために祈りと献金をささげます。

日本カトリック平和旬間(8月6日〜15日)

教皇ヨハネ・パウロ2世が訪日された1981年に、広島の平和記念公園で、全世界に向けてされた平和アピールのこたえて設けられたものです。平和のために祈り、日夜努力を払っておられる教皇と心を合わせ、また日本司教団の意向に合わせて、平和への道を共に歩んで行くこととしたものです。

被造物を大切にする世界祈願日(9月の第1日曜日)

教皇フランシスコは、東方正教会にならって、環境保護のための助けを願う日をカトリック教会の暦に加えました。いのちの与え主である神に賛美と感謝をささげるとともに、自然を大切にする視点から、ライフスタイルを見直し、考え方を改める機会としていきたいものです。

世界難民移住移動者の日(9月の第4日曜日)

国籍を超えて、真の信仰共同体を築き、全世界の人々と「ともに生きる」決意を新たにする日です。日本カトリック国際協力委員会は、日本と全世界にある協力グループとともに、活動の推進、連絡、協力、支援、情報の交流等を行っており、当日はそのために祈りと献金がささげられます。

世界宣教の日(10月の最後から2番目の日曜日)

世界宣教の日は、すべての人に宣教の心を呼び起こさせること、世界の福音化のために、霊的物的援助をはじめ宣教者たちの交流を各国の教会間で推進することを目的としています。この日の献金は、各国からローマ教皇庁に集められ、世界中の宣教地に援助金として送られます。

聖書週間(11月の第3日曜日〜第4日曜日)

この期間、わたしたちは神のことばである聖書により親しむように、またそのための具体的な取り組みをするように招かれています。各教区では、聖書への関心を高め、より親しむために、講演会、研修会、展示会などの催しが計画されます。

貧しい人のための世界祈願日(年間第33主日)

教皇フランシスコは、年間第33主日を「貧しい人のための世界祈願日」とするよう定めました。小さい者や貧しい者と等しい者とみなされたキリストに倣い、わたしたちも、貧しい人、弱い立場にある人に寄り添い、奉仕するよう求められています。

宣教地召命促進の日(12月の第1日曜日)

「すべての人に福音を宣べ伝えなさい」とは、イエス・キリストのご命令です。すべての信徒は洗礼により、この命をうけています。すべての信徒がその使命を果たせるよう、また宣教に従事する司祭・修道者がよりいっそう増えるよう祈ることは、とても大切です。当日の献金はローマ教皇庁に集められ、全世界の宣教地の司祭養成のための援助金としておくられます。

参考:『イラストで知るカトリック教会生活』(サンパウロ編)

関連記事一覧