フィリピンで二人の新司祭

2017年12月8日、フィリピンのマカティ修道院において二人の新司祭(ディンド・プルト神父、レイメル・ラモス神父)が誕生しました。

40名の司祭が共同司式をし、ダグパン教区の補佐司教のエルメル・マカリナオ司教が司式しました。

この叙階式には、パウロ家族の会員をはじめ、親族、恩人など、多数参列しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. ベトナムで「アボガド」を食べる時、わさびと醤油を使うと、とてもおいしくいただけます。日本製の「わさび…
  2. ●コルポラーレ(聖体布)ミサの時に広げて、この上にカリス、パテナなどを置いて使用する白い亜麻布で…
  3. 日本カトリック典礼委員会は、カトリック教会の典礼における聖書朗読に限って、『聖書 新共同訳』で使用さ…
  4. 復活節第4主日は、「世界召命祈願日」と教会で定められています。司祭は、ミサの集会祈願で「良い羊飼いで…
  5. 今年も「世界広報の日」を記念したパウロ家族使徒職責任者会(PAP)主催の講演会を開催致します。…

ピックアップ記事

  1. 知人との【再会】は、とても喜ばしいものです。彼らの関係が深ければ深いほどその喜びは大きなものとなりま…
  2. とまにちわ!人見知りで独りよがりは、床屋が苦手。もちろん美容院も同様(あの空気感も)。…
  3. 2018年2月1日から2月28日までの掲載記事トップ10をご紹介します。1位. 四旬節の始ま…
  4. 2018年2月15日~25日、ブラジルのアパレシーダで聖パウロ修道会の中間総会が開催されることになっ…
  5. 東日本大震災後69カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
PAGE TOP
Translate »