貧しい家庭 聖家族(ルカ2・22~40)

マリアとヨセフはイエスを主に献げるため、エルサレムへ連れていきます。「主の律法に言われているとおりに、山鳩一つがいか、家鳩の雛二羽をいけにえとして献げるためであった」(ルカ2・24)と。この背景にはレビ記の内容が思い起こされます。「産婦が貧しくて小羊に手が届かない場合は、二羽の山鳩または、二羽の家鳩を携えて行き、一羽を焼き尽くす献げ物とし、もう一羽を贖罪の献げ物とする」(レビ12・8)。このことからもマリアとヨセフは、とても貧しかったことが想像できるのではないでしょうか。

朝日新聞の「天声人語」(1993年3月6日)にこんな記事が掲載されていました。ちょうどその頃、カシオ(CASIO)計算機の創業者だった樫尾忠雄さんが75歳で亡くなった時のコラムです。

樫尾忠雄さんは「高知県の農家に生まれ、高等小学校を出て、十四歳で旋盤工の見習いになる。自分が機械工作に向いていることを発見する時期だ。苦学しながら夜学の早稲田工手学校に学び、卒業して、しばらく会社勤めをした。だが学歴がないことから、独立を考える。樫尾製作所を父親とともにつくった。その事業に、三人の弟が次々に加わった。この四人兄弟の協力態勢が魅力的だ。『私はまあ器用で経理などに経験があった。俊雄は発明の才があり、和雄は負けん気で営業向き、幸雄は機械に強い。どれも一人前でないので、かえって相補ったんでしょう』と評した。(中略)仕事が軌道に乗るまでは、だが、生活は苦しかったようだ。『貧乏だったことが、親が残してくれた最大の財産だ』と言ったことがある。それが奮起の原動力だった」。

聖なる家族というのは、どんな家庭でしょうか。お金を持っていること、土地や財産を持っていることとは、ちょっとかけ離れているように感じます。たくさんの財産を持っていることがかえって家庭の分裂の原因にもなったりします。貧しいけれど、それがかえって人の心を豊かにしたりもします。マリアとヨセフの家庭には、貧しい中での心の豊かさが感じられます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. ベトナムで「アボガド」を食べる時、わさびと醤油を使うと、とてもおいしくいただけます。日本製の「わさび…
  2. ●コルポラーレ(聖体布)ミサの時に広げて、この上にカリス、パテナなどを置いて使用する白い亜麻布で…
  3. 日本カトリック典礼委員会は、カトリック教会の典礼における聖書朗読に限って、『聖書 新共同訳』で使用さ…
  4. 復活節第4主日は、「世界召命祈願日」と教会で定められています。司祭は、ミサの集会祈願で「良い羊飼いで…
  5. 今年も「世界広報の日」を記念したパウロ家族使徒職責任者会(PAP)主催の講演会を開催致します。…

ピックアップ記事

  1. ある小冊子の後ろに、「主よ、変えられないものを受け入れる心の静けさと、変えられるものを変える勇気と、…
  2. 6月30日、わたしたち聖パウロ修道会は、パウロ家族(聖パウロ修道会を含む10の会からなる家族)の固有…
  3. 十字架は、ローマ人が東方から導入し、ローマ市民以外の罪人に対する残酷な処刑の道具として、コンスタンテ…
  4. 山内堅治神父(聖パウロ修道会)が無作為に選んだ3つの質問に答えます。Q1. 何かを「…
  5. 私が小学校5年生の頃に麻疹(はしか)の菌が原因で盲腸炎を起こして入院したことがあります。術後の痛さは…
PAGE TOP
Translate »