貧しい家庭 聖家族(ルカ2・22~40)

マリアとヨセフはイエスを主に献げるため、エルサレムへ連れていきます。「主の律法に言われているとおりに、山鳩一つがいか、家鳩の雛二羽をいけにえとして献げるためであった」(ルカ2・24)と。この背景にはレビ記の内容が思い起こされます。「産婦が貧しくて小羊に手が届かない場合は、二羽の山鳩または、二羽の家鳩を携えて行き、一羽を焼き尽くす献げ物とし、もう一羽を贖罪の献げ物とする」(レビ12・8)。このことからもマリアとヨセフは、とても貧しかったことが想像できるのではないでしょうか。

朝日新聞の「天声人語」(1993年3月6日)にこんな記事が掲載されていました。ちょうどその頃、カシオ(CASIO)計算機の創業者だった樫尾忠雄さんが75歳で亡くなった時のコラムです。

樫尾忠雄さんは「高知県の農家に生まれ、高等小学校を出て、十四歳で旋盤工の見習いになる。自分が機械工作に向いていることを発見する時期だ。苦学しながら夜学の早稲田工手学校に学び、卒業して、しばらく会社勤めをした。だが学歴がないことから、独立を考える。樫尾製作所を父親とともにつくった。その事業に、三人の弟が次々に加わった。この四人兄弟の協力態勢が魅力的だ。『私はまあ器用で経理などに経験があった。俊雄は発明の才があり、和雄は負けん気で営業向き、幸雄は機械に強い。どれも一人前でないので、かえって相補ったんでしょう』と評した。(中略)仕事が軌道に乗るまでは、だが、生活は苦しかったようだ。『貧乏だったことが、親が残してくれた最大の財産だ』と言ったことがある。それが奮起の原動力だった」。

聖なる家族というのは、どんな家庭でしょうか。お金を持っていること、土地や財産を持っていることとは、ちょっとかけ離れているように感じます。たくさんの財産を持っていることがかえって家庭の分裂の原因にもなったりします。貧しいけれど、それがかえって人の心を豊かにしたりもします。マリアとヨセフの家庭には、貧しい中での心の豊かさが感じられます。

あなたにオススメ