21. 美術を聖堂建築に生かす――マスコミの先駆者アルベリオーネ神父

アルベリオーネ神父は、多くの遺跡や教会建築、絵画。彫刻などを見学したり、美術の教科書を読んだりして教会美術を神学生たちに教えていた。また「教会美術会」の会員となり、「生活・真理・善に仕える美術」という原理について、諸雑誌に討論を掲載した。「司牧神学のメモ」というアルベリオーネ神父の著書の中には、聖美術を貫く原則が列記されてある。この原則は、のちに、神父が聖師と、使徒の元后と聖パウロにささげられた三つの大聖堂を建立する際に、生かされた。神父はこう述べている。

「それぞれの聖堂の建築に際しては、その聖堂が建築・彫刻・絵画・ステンドグラス・什器の各分野において、調和とテーマの一貫した展開とを保てるように、まず建築技師に仕事の一般的な計画表と一緒に図面の下書きを手渡し、技師がそれを土台にして製図できるようにはからった。建築にあたっての最大の配慮は、その建築物がパウロ家の聖堂建築の目ざす目的にかなうようにということだった。」

・池田敏雄『マスコミの先駆者アルベリオーネ神父』1978年

おしらせ
現代的に一部不適切と思われる表現がありますが、当時のオリジナリティーを尊重し発行時のまま掲載しております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. ベトナムで「アボガド」を食べる時、わさびと醤油を使うと、とてもおいしくいただけます。日本製の「わさび…
  2. ●コルポラーレ(聖体布)ミサの時に広げて、この上にカリス、パテナなどを置いて使用する白い亜麻布で…
  3. 日本カトリック典礼委員会は、カトリック教会の典礼における聖書朗読に限って、『聖書 新共同訳』で使用さ…
  4. 復活節第4主日は、「世界召命祈願日」と教会で定められています。司祭は、ミサの集会祈願で「良い羊飼いで…
  5. 今年も「世界広報の日」を記念したパウロ家族使徒職責任者会(PAP)主催の講演会を開催致します。…

ピックアップ記事

  1. 「暗い、暗い、と言うよりも、すすんで明かりをつけましょう」という標語を聞いたことがあります。これは、…
  2. 山上の説教が行われた教会からガリラヤ湖を望むと、緑に囲まれ、なだらかな風景に雄大さを感じます。イエス…
  3. 大人気の美術名画カレンダー2017年版です。フィレンツェやベルリンの有名美術館に所蔵され…
  4. まずは故郷の紹介をしましょう。出身地は生まれも育ちも佐世保市相浦町です。出身教会は小高い丘の上に真っ…
  5. きょうの典礼は、「待降節第4主日」ということで「主のご降誕」を待つ最後の主日となります。今年は、カレ…
PAGE TOP
Translate »