主の降誕(クリスマス)――カトリック教会生活入門

クリスマスは、イエス・キリストがこの世に誕生したことを記念する日です。教会は5世紀頃から、太陽神を祝う異教の祝日(冬至にあたる)であったこの日をイエス・キリストの誕生日として祝うようになりました。

この日教会は、救い主イエス・キリストがユダヤの貧しい馬小屋で誕生したことを祝います(マタイ2.1-12、ルカ2.1-20)。
降誕祭の後、主の洗礼の祝日まで降誕節が続きます。

出典:『イラストで知るカトリック教会生活』(サンパウロ編)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. ベトナムで「アボガド」を食べる時、わさびと醤油を使うと、とてもおいしくいただけます。日本製の「わさび…
  2. ●コルポラーレ(聖体布)ミサの時に広げて、この上にカリス、パテナなどを置いて使用する白い亜麻布で…
  3. 日本カトリック典礼委員会は、カトリック教会の典礼における聖書朗読に限って、『聖書 新共同訳』で使用さ…
  4. 復活節第4主日は、「世界召命祈願日」と教会で定められています。司祭は、ミサの集会祈願で「良い羊飼いで…
  5. 今年も「世界広報の日」を記念したパウロ家族使徒職責任者会(PAP)主催の講演会を開催致します。…

ピックアップ記事

  1. 一九一五年(大正四年)聖パウロ会創立の翌年に、九名の志願者たちは、ピアッツァ・ケラスコの修道院から、…
  2. 今日は「王であるキリスト」の主日です。「王」という言葉は、部族や種族の長たる者を「王」と呼んだり、「…
  3. 7月26日に、教会は聖マリアの両親、聖ヨアキムと聖アンナを記念します。さて、私たちはこの2人の聖人に…
  4. 私たちは、楽しいことがあると他の人に話したくてしょうがないものです。幼ない子どもが母親にその日あった…
  5. 王であるキリストの祭日は、典礼暦で最後の日曜日に当たり(次の日曜日から待降節が始まります)、世の終わ…
PAGE TOP
Translate »