待降節(アドベント)――カトリック教会生活入門

教会の暦は、待降節から始まります。この期間は、救い主イエス・キリストの誕生を準備する期間で、カトリック信徒は罪を悔い改めて救い主を待ち望みます。
また、待降節はアドベントとも言われます。これはラテン語の「来る」という言葉から派生したもので、教会ではイエス・キリストの来臨を意味します。


アドベント・クラウン
もみの木の小枝や赤い実のついたひいらぎの葉などでクラウン(丸い形をした輪)を作り、4本のロウソクを飾ります。日曜日ごとに1本ずつロウソクに火を灯し、クリスマスの到来をロウソクの灯の数が増えるのに合わせて、目に見える形で意識しようとするものです。これはゲルマン民族・ドイツや北欧の風習に由来します。


クリスマス・ツリー
起源は明らかではありませんが、この風習は、もみやエゾマツの木に「幼子キリストへの贈り物」との意味があったことから始まったとされています。

出典:『イラストで知るカトリック教会生活』(サンパウロ編)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. ベトナムで「アボガド」を食べる時、わさびと醤油を使うと、とてもおいしくいただけます。日本製の「わさび…
  2. ●コルポラーレ(聖体布)ミサの時に広げて、この上にカリス、パテナなどを置いて使用する白い亜麻布で…
  3. 日本カトリック典礼委員会は、カトリック教会の典礼における聖書朗読に限って、『聖書 新共同訳』で使用さ…
  4. 復活節第4主日は、「世界召命祈願日」と教会で定められています。司祭は、ミサの集会祈願で「良い羊飼いで…
  5. 今年も「世界広報の日」を記念したパウロ家族使徒職責任者会(PAP)主催の講演会を開催致します。…

ピックアップ記事

  1. 2018年4月7日(土)、サイゴンから約150キロ離れたビン・トゥアンのラギで助祭・司祭叙階式が行わ…
  2. 【お待ちかね!今年も“カレンダー&手帳”大集合!!】心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか…
  3. 2017年4月17日、イタリア出版協会の協力のもと、ミラノで展示会が開催されました。書籍、雑誌、マル…
  4. 復活祭から換算してその46日前にあたる日が灰の水曜日です。復活祭の日は年によって変わるため、灰の水曜…
  5. 聖書には新約聖書と旧約聖書があると聞いていますが、それぞれの聖書は、もともとは何語で書かれたものなの…
PAGE TOP
Translate »