目を覚ます 待降節第1主日(マルコ13・33~37)

3年前の9月中旬に都内で震度四ほどの地震がありました。ちょうど昼食の時で、2011年3月11日起きた東日本大震災のことがよみがえってきました。その時、都内でも震度五強で、たくさんのものが落下し、破損していきました。こうした地震があったりすると、はっとさせられます。

今日のみことばでは「気をつけて目を覚ましていなさい」(マルコ13・33)ということばが響いてきます。

ある9月、病者の塗油を授けたり、危篤の方を見舞ったりする機会がけっこうありました。一人の方は80歳代後半で、この夏、自宅で療養していたのですが、体調が悪くなり、八月下旬に主任司祭から病者の塗油を受け、私も何度かお見舞いに伺いました。喉から食事をすることができず、点滴だけで栄養を補給しています。体重も二十キロ代になり、いつ容態が急変してもおかしくない状態です。

二人目の方は90歳代の方ですが、認知症があるものの体力はありました。好物のリンゴを食べたのはよかったのですが、それが喉につかえてしまい、窒息の状況になり、救急車で病院に運ばれ、意識不明の重症となりました。しばらくして喉につかえていたものを取り出し、一命をとりとめましたが、まだ重い症状です。医師がいうには、急変するかもしれないし、半年持つかもしれない…。危篤の状況は続いています。

三人目の方は60歳前の方ですが、ガンの手術などで顔が変形し、常時マスクを付けています。でも心はとても穏やかで、面会するとこちらが励まされるくらいです。けっして「苦しい、辛い」という言葉を聞いたことがありません。この方も、今年いっぱい命が持つかどうか、とても微妙な状況です。

いろいろな方が病の状況にあり、ケータイに電話がかかってきたりすると「ドキッ」としたりします。まさに「目を覚ましていなさい」と言われているような心境です。

今日から待降節が始まります。クリスマスを迎えるために、私たちはどのような心境で「目を覚まして」歩んでいくかを考えさせてくれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  2. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  3. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  4. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…
  5. ローマ教皇フランシスコは2018年5月20日、来月6月29日の枢機卿会議において、カトリック大阪教区…

ピックアップ記事

  1. 2016/5/10

    100回目の感謝
    とまにちわ!連載100回を記念して、みなさんからいただいたメッセージをご紹介します! キリの…
  2. 【お見逃しなく!いつくしみのイエスに出会える絶好のチャンス☆】帰省やイベントなど、なにかと人に会う…
  3. インターネット通販<パウルスショップ>の【諸聖人・死者の日特集】は、もうチェックしましたか?カト…
  4. 福音朗読箇所 マタイ22:23~33死について考えるのは、生きている人間である。…
  5. 代父母は必ずカトリック信者でなければなりませんか?ナザレのイエスの生と十字架死に、神のこの世界に…
PAGE TOP
Translate »