なぜ『使徒言行録』はパウロの殉教を語らないのか?――キリスト教知恵袋

—ルカはなぜパウロの殉教を記さなかったのですか? ルカが『使徒言行録』を記したのは、パウロの殉教から数十年が経っています。ルカがパウロの殉教を知らないはずがありません。パウロやペトロの殉教は、ルカばかりでなく、当時の教会の人々にとって、大きな出来事だったと思います。それをルカはどうして記さなかったのですか?

お気持ちは分かります。もしルカが、パウロのローマの軟禁生活以後についても記していれば、パウロのイスパニア宣教や殉教に関する多くの疑問が解決したことでしょう。資料を綿密に収集して『ルカ福音書』や『使徒言行録』を記したルカですから、パウロの晩年に関する資料もたくさん収集する事ができたにちがいありません。しかしルカは、それを書く必要はないと判断しました。

ルカが記したかったのは「福音の広がり」です。『使徒言行録』前半の主人公・ペトロも、後半の主人公・パウロも、福音の広がりを具体的に描くための道具でした。ルカの『使徒言行録』執筆の真の意図は、「イエスの復活によってエルサレムに始まった福音が、遂には地の果てを代表するローマにまで伝えられたこと」を記すことでした。ルカはパウロ個人の活動よりも、世界における福音の広まりに関心を持っていたのです。

ルカはパウロの最期を知っていたに違いありませんが、それを書くのは『使徒言行録』の執筆意図から外れると判断したのです。イエスの福音がローマにまで伝えられ、パウロが二年間、ローマにおいて福音の証人として活動したことを記すことで、ルカは満足したのです。

私たちはパウロのイスパニア宣教への思いを『ローマの信徒への手紙』を通して知っていますが、ルカはパウロのイスパニア宣教については一言も触れません。『使徒言行録』にとっては、パウロのイスパニア宣教はなくてはならないものではなく、省略しても全く差し支えないものだったのです。

もしかすると、ルカは『使徒言行録』に続いて、パウロのイスパニア宣教と殉教の次第を一巻にまとめる予定でいたのかもしれません。もしそうだったのなら、それが実現しなかったのは、実に残念です。

●回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  2. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  3. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  4. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…
  5. ローマ教皇フランシスコは2018年5月20日、来月6月29日の枢機卿会議において、カトリック大阪教区…

ピックアップ記事

  1. 洗礼の恵みをいただいている人は、人生のどこかでイエス様に触れられ、呼ばれたからと言っていいでしょう。…
  2. アルベリオーネ神父は、多くの遺跡や教会建築、絵画。彫刻などを見学したり、美術の教科書を読んだりして教…
  3. 【訃報】ステファノ百村等神父(聖パウロ修道会司祭)が2017年9月11日午前2時45分に聖母…
  4. 今年もいよいよ典礼暦の中心、聖なる過越の三日間を過ごしています。聖なる過越の三日間とは、聖木曜日の主…
  5. 2017年10月29日(日)、聖パウロ修道会若葉修道院(東京)でパウロ家族研修会(パウロ家族の集い)…
PAGE TOP
Translate »