奉仕の精神 王であるキリスト(マタイ25・31~46)

今日は「王であるキリスト」の主日です。「王」という言葉は、部族や種族の長たる者を「王」と呼んだり、「君主」、ある特定の分野で頂点に立つ者を「王」と呼んだりします。

キリストが「王」である時、支配、権威、力のような意味合いよりも、私たちのために死に、復活された勝利の王を指しています。その生涯も人に対して支配的なものではありませんでした。貧しい誕生から始まり、罪深い人、貧しい人に手を差し延べ、福音を告げ知らせました。最後は全ての人々の救いのために、いばらの冠をかぶせられ、鞭打たれ、嘲笑され、十字架につけられました。でも死に打ち勝ち、復活することによって勝利の王キリストを示されます。こうした歩みだからこそ、どんなに小さな、弱い人々にも手を差し延べることができたのではないでしょうか。

王は右側の者に対して「あなたがたによく言っておく。これらのわたしの兄弟、しかも最も小さな者の一人にしたのは、わたしにしたのである」と。左側の者に対しては「これらの最も小さな者の一人にしなかったのは、わたしにしなかったのである」と語ります。右側の人は自分が配慮したことを気にしていません。それに対して左側の人は自分がいろいろな人たちに世話してあげたことを主張しています。しかし、王の裁定は厳しいものでした。つまり、「相手のために何かをしてあげる」という姿勢ではなく、評価されなくても相手のために謙虚に奉仕していくことの重要さを教えます。

2011年3月11日に大震災が起こり、たくさんのボランティアが派遣されていきました。私の修道会からも合計7名、ボランティアに参加しました。これに先立ち、事務局の方から「ボランティアに参加する方々は強制されて来ることのないように」という内容の指示をいただきました。参加した7名も、自分の意志で、しかも奉仕の精神を肝に銘じて参加していました。

たとえ他人に評価されなくても、目立たなくても、奉仕し続ける素晴らしさを教えてくれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の記事

  1. ベトナムで「アボガド」を食べる時、わさびと醤油を使うと、とてもおいしくいただけます。日本製の「わさび…
  2. ●コルポラーレ(聖体布)ミサの時に広げて、この上にカリス、パテナなどを置いて使用する白い亜麻布で…
  3. 日本カトリック典礼委員会は、カトリック教会の典礼における聖書朗読に限って、『聖書 新共同訳』で使用さ…
  4. 復活節第4主日は、「世界召命祈願日」と教会で定められています。司祭は、ミサの集会祈願で「良い羊飼いで…
  5. 今年も「世界広報の日」を記念したパウロ家族使徒職責任者会(PAP)主催の講演会を開催致します。…

ピックアップ記事

  1. 「不正な管理人」というタイトルが付けられると、不正を公認しているかのように感じます。最近、舛添都知事…
  2. 主イエスが昇天することによって、弟子たちには寂しさが漂っていたことでしょう。長い間、弟子たちはイエス…
  3. 今年の7月20日からベトナムのホーチミンに派遣され、7月25日からベトナム語学校に通っています。多く…
  4. サンパウロは2017年2月28日(火)、「サンパウロ東京キリスト教用品フロア」Facebookページ…
  5. カトリック教会では伝統的に11月を「死者の月」としています。身近な方々の死や自分自身の死のことについ…
PAGE TOP
Translate »