福岡における百村神父さまとともに 阿部光一修道士

2014年、百村神父さんは院長職を終えた永富神父に代わって福岡修道院の所属になりました。車の運転をなさらないので、わたしはミサの奉仕に運転手を務めてあちらこちら行きました。時には教会の日曜販売にも連れ出しました。ハイエースの助手席は高いので、足の悪い神父にとって乗り降りに苦労されたと思います。また長時間の旅は腰が痛くなって大変だったと思います。しかし、文句も言わずこころよく「いいよっ」といって手伝ってくださいました。

1年ほどたった2015年の9月、院長会議に普段と変わりなく新幹線で出発した朝、30分ほどして電話が鳴りました。宇部興産中央病院から「百村等さんという方が脳卒中で入院されました」とのことでした。管区長と連絡を取り、わたしが病院に行くことになりました。行きながら、「神父さん生きててよ」と思いながら…。郊外の病院のため、新幹線から在来線に乗り換え、だいぶかかりました。病院について担当医からの説明「命はとりとめましたが、絶対安静です」とのこと、病室に入り開口一番「神父さん、生きとったね!」と。

その後のこと、東京に移ってからのことはほかの方が書かれると思いますので書きませんが、この出来事を回想すると、新幹線の中で発症してよかったと思うのです。もし、日中自室で発症したら、扉を開けるまで、だれも気が付かないということになり、帰らぬ人となる確率が高かったと思うからです。神さまの計らいとはいえ、不自由で、思い通りにならなかった神父さんにとってこの生かされた命はどのような意味を持つのでしようか。福岡修道院における神父さまとの生活を思い起こしながら、考えている日々です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 聖ヒラリオ司教教会博士の記念日は、彼が亡くなった日と考えられている1月13日です。聖ヒラリオの生涯に…
  2. アルベリオーネ神父は、神学校内での教育だけでなく、教会へ出かけて行って直接信者たちに接し、講演し、秘…
  3. 大阪の登美ヶ丘高校にダンス部があり、このダンス部は、NHKの紅白に出たり、沢山のコンクールで賞を取っ…
  4. 2017/5/31

    聖母の訪問
    5月31日は、聖母の訪問の祝日です。これは、神の子イエスを身ごもったマリアが、親戚のエリサベトを訪れ…
  5. 【華やかで繊細な「ロザリオ」の魅力にうっとり♪】ため息の出るような美しいロザリオが、サンパウロ東京…
PAGE TOP
Translate »