福岡における百村神父さまとともに 阿部光一修道士

2014年、百村神父さんは院長職を終えた永富神父に代わって福岡修道院の所属になりました。車の運転をなさらないので、わたしはミサの奉仕に運転手を務めてあちらこちら行きました。時には教会の日曜販売にも連れ出しました。ハイエースの助手席は高いので、足の悪い神父にとって乗り降りに苦労されたと思います。また長時間の旅は腰が痛くなって大変だったと思います。しかし、文句も言わずこころよく「いいよっ」といって手伝ってくださいました。

1年ほどたった2015年の9月、院長会議に普段と変わりなく新幹線で出発した朝、30分ほどして電話が鳴りました。宇部興産中央病院から「百村等さんという方が脳卒中で入院されました」とのことでした。管区長と連絡を取り、わたしが病院に行くことになりました。行きながら、「神父さん生きててよ」と思いながら…。郊外の病院のため、新幹線から在来線に乗り換え、だいぶかかりました。病院について担当医からの説明「命はとりとめましたが、絶対安静です」とのこと、病室に入り開口一番「神父さん、生きとったね!」と。

その後のこと、東京に移ってからのことはほかの方が書かれると思いますので書きませんが、この出来事を回想すると、新幹線の中で発症してよかったと思うのです。もし、日中自室で発症したら、扉を開けるまで、だれも気が付かないということになり、帰らぬ人となる確率が高かったと思うからです。神さまの計らいとはいえ、不自由で、思い通りにならなかった神父さんにとってこの生かされた命はどのような意味を持つのでしようか。福岡修道院における神父さまとの生活を思い起こしながら、考えている日々です。

あなたにオススメ