主の祈り 年間第17主日(ルカ11・1~13)

日本語で「主の祈り」を唱えると「天におられるわたしたちの父よ」で始まります。最初のことばが、「天におられる」なので、日本語の場合は、何となく「天」にアクセントが置かれているように感じますが、実際には「私たちの父よ」、厳密に言えば、「父よ」が大きなメッセージを持っています。事実、ギリシア語原文では「パーテル(父)、ヘーモン(私たちの)」となり、ラテン語では「パーテル(父)、ノステル(私たち)」。英語では「Our(私たちの)、Father(父)」となり、「父」が「私たち」の後になっています。本来は「父よ」という言葉から祈りが始まります。その点で、日本語の場合は「父よ」というアクセントが薄いかもしれません。

今日の福音はルカ福音書が朗読され、ふだん聞き慣れているマタイ福音書の「主の祈り」とは違った味わいがあります。「主の祈り」は「父よ」から始まります。「父」が具体的な存在となり、具体的な必要を語っていきます。具体的にはどのような祈りになっているでしょうか。「み名が聖とされますように。み国が来ますように」(ルカ11・2)で、御父である神に対する賛美のような祈りです。さらに祈りは続き、「わたしたちの日ごとの糧を、日ごとに、お与えください」(11・3)と、願いの祈りになります。その日、その時のものを具体的に願っていきます。さらに「わたしたちの罪をお赦しください。わたしたちに負い目のある人をみな、わたしたちも赦します」(ルカ11・4)と赦し・回心の内容が込められています。ここには、まず自分自身が相手を赦すので、「どうか私も赦してください」という響きがあります。最後は「わたしたちを誘惑に遭わせないでください」(11・4)と、願う祈りが結ばれていきます。

ふだん、私たちはどんな祈りをしているでしょうか。種々のタイプの祈りと比べながら、自分自身の祈りを振り返ってみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 軽井沢にある宣教クララ会の修道院で、2017年5月28日~6月3日まで、聖パウロ修道会の黙想会がおこ…
  2. 2017年8月3日~5日、韓国のソウル修道院において韓国地区全会員(終生誓願者26名、有期誓願者2名…
  3. 【手作り感あふれる叙情的な修道院のワイン】今日は、修道院製品販売の<サンパオリーノ>から、オースト…
  4. 10月はロザリオの月です。サンパウロ東京店(4階)にてロザリオフェアを開催いたします。イタリ…
  5. よい羊飼いは羊のために命を捨てる。わたしは誰からも奪われるのではなく、自分か…
PAGE TOP
Translate »