14. 使命感に燃える新司祭――マスコミの先駆者アルベリオーネ神父

アルベリオーネは、一九○七年(明治四○年)六月二十九日にアルバの司教座聖堂で同級生一○名とともに司祭にされた。時に満二三歳であった。この 叙階式には、父母や兄弟たちをはじめ、同郷の村の人たちが大勢参加し、感動のまなこで新司祭らをながめ、新司祭らから祝福を受けた。叙階式の宴会場は、ケラスコの主任司祭の好意によってケラスコのレストランに設けられ、両親、親せき、新学生、友人など二○名ぐらいが、招待された。しめやかな、しかも楽しい雰囲気の中で、お客は新司祭の門出を祝い、前途有望な青年司祭の活躍に大きな期待をかけた。

この喜ばしい司祭叙階の日に、新司祭アルベリオーネ神父の心の中には、特別に感謝すべき人が三名いた。それは母テレサであり、ケラスコ小学校の女教師カルドナ先生であり、ケラスコのサン・マルティノ教会の主任司祭モンテルシノ神父であった。のちにアルベリオーネ神父は、自分が司祭になることが゛てきたのは、こういう人たちのおかげであると、回想録にこう述べている。

「これは、つね日ごろ特別に見守ってくれた母の祈りと、また、自分の教え子の中から誰かが司祭になるようにと主に祈り続けていた非常に敬虔な、あの女教師の祈りが実を結んだのだと彼は信じこんでいる。……豊かな霊性と知恵と洞察力をかねそなえた主任司祭は、大いに彼を助け、司祭になるまで導いてくれたばかりか、引き続きパウロ家についての最初の企画を祝福された。」

・池田敏雄『マスコミの先駆者アルベリオーネ神父』1978年

おしらせ
現代的に一部不適切と思われる表現がありますが、当時のオリジナリティーを尊重し発行時のまま掲載しております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  2. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  3. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  4. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  5. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…

ピックアップ記事

  1. 2016/9/14

    十字架称賛
    9月14日は十字架称賛の祝日です。私たちはいつも教会の中で十字架を目にしていますし、祈りの中で何度と…
  2. 自信を失い、怯える弟子たち。復活したイエスが現れて言った。「あなたがたに平和があるよ…
  3. 「本当ノ コトヲ 知ッテイル 者が、本当ノ コトヲ 話スコトガ、必要デショウカラ…」。「悠子サン…
  4. 外国に行って、ミサに与る時たとえ言葉は分からなくても、いま、第1朗読を読んでいる、福音書が朗読されて…
  5. 聖スコラスチカの記念日は2月10日です。スコラスチカは、聖ベネディクトの妹として有名です。ベネディク…
PAGE TOP
Translate »