ハノイ訪問

2017年10月18日から22日まで、志願者の家庭を訪問するために、牧山修道士と共にハノイ、ハロン湾、ナムディンを訪問しました。

18日の夜、ハノイに到着して、志願者の叔母さんの家庭にお世話になりました。

19日の朝は、ハノイ市内のハンボト教会でささげ、シャルトルの聖パウロ会のシスターや志願者たちが参列していました。

ミサ後、修道院に案内されましたが、とても元気な志願者たちでした。その後、町の食堂でフォーを味わい、市内観光をしてみました。

最初にホアンキエム湖を歩き、有名な玉山祠を見物。

オペラハウスに向かって歩いていたら、日本を紹介したポスターが掲示されていました。

日本はとても人気があるのだなあと思いました。

その後、ハノイ大教会(聖ヨセフ教会/カテドラル)を訪問。

ちょうど司祭叙階式が行われていて、ゆっくりと見学することができませんでした。

それからホーチミン廟へ歩いていたら、とても立派な建物に気づきました。調べてみたら、国会議事堂でした。
日本のものよりも立派かなあ? 

ホーチミン廟へ行ったら、ちょうど兵隊の交代の時間で歩き方がとてもユニークでした。

ある程度までゆっくりでしたが、人が少なった所からは足早に歩いていたのが面白いなあと感じました。

最後にタイ湖を訪問。
ハノイ市内でも一番大きい湖ですが、貧しいエリアと高級なエリアとがあって、貧富の格差を感じました。

●写真ギャラリー(Facebookページ)
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1472681809517413.1073741832.947177352067864&type=1&l=187f0f6897

あなたにオススメ