私と福者アルベリオーネ神父様 田中直修道士

昨今、私が常日頃やっていることを「三つ」綴ることにします。

一つ目は、朝起きるとベッドの上で「朝の奉献」と「私の誓願文」を唱え、続いてアルベリオーネ神父様が作った「聖師に向かう祈り」「神のみ旨にゆだねる祈り」「マリアに自己をゆだねる祈り」「パウロ家族の契約」を唱えて、身支度をして聖堂に向かいます。夜はベッドに入り、寝る寸前に「神よ、あなたを礼拝します」を唱えて一日を終えるのです。

二つ目は、日曜日に教会を訪れて日曜宣教をする時に、神父様からミサ終了間際の「お知らせ」の間にお話をするように言われたら、私は必ずアルベリオーネ神父様の話をします。私は司祭になりますと言った小学生時代、禁じ本を回し読みの出来事があった神学生時代、世紀を分かつ大晦日の聖体訪問、司祭になってマスコミの聖パウロ会を創立するまでの経緯を解りやすく、短くまとめています。

誓願25年(1995年)

三つ目は、ローマでのアルベリオーネ神父様の「列福式」の際に、いただいたスカーフを福岡の協力者会のメンバーの一人に布を縫い付けてもらい、二通りの使い方をしています。一つは出張宣教の際のカウンターのテーブルクロスとして、もう一つは布をアルベリオーネ神父様の姿が中央にくるように縦に三つ折りにして、私の宣教車の助手席に掛けて飾り、いつもアルベリオーネ神父様と一緒に、担当区域を宣教して回っています。

聖パウロ会の会員なら誰でもそれぞれに「福者アルベリオーネ神父様」とのさまざまな関わり方があると思っています。私もいいものがあれば取り入れたいと願っています。

最後に、私が誓願名に「マリオ」(マリアの男性形)を選び、その祝いの日を「無原罪の聖マリア」の祭日(12月8日)にした理由は、同じ福音宣教を生きる者として、日本にキリスト教を宣教に来た「聖フランシスコ・ザビエル司祭」の祝日(12月3日)と、日本の宣教のために初めて聖パウロ会会員が神戸に着いた日(12月8日)が、ちょうどその前後にあったからです。

これからも聖母マリアのご保護のもとに、聖フランシスコ・ザビエルが伝え、殉教者たちが自らの血で守ったキリスト教が、日本の地に根を張り・強く・大きく花咲くように、神様の祝福と恵みをお祈りつつ、聖パウロ会会員としての歩みを続けたいと願っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  2. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  3. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  4. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  5. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…

ピックアップ記事

  1. 私たちは、人の悪い所には敏感に反応します。それは、教会共同体や家庭、学校や職場、地域社会などでも起こ…
  2. 【手作り感あふれる叙情的な修道院のワイン】今日は、修道院製品販売の<サンパオリーノ>から、オースト…
  3. インドのムンバイで2017年2月14日(火)~17日(金)まで開催される、CTIA(総本部直属組織/…
  4. 9月11日に83歳で亡くなった百村等神父の葬儀が9月13日、聖パウロ修道会若葉修道院で営まれ…
  5. 真っ白に輝くイエス。目の前でこれを見た弟子たち。船を捨て、従い、これで幸せになれると…
PAGE TOP
Translate »