サイゴン市内の二つの教会

2017年9月30日(土)、今日は学校も休みだったので、久しぶりに二つの教会を訪問してみました。

タンビン区から8番のバスに乗ること、約30分。サイゴン川近くの所で降りて、最初にタイン・ダー教会を訪問しました。

大天使聖ミカエルに献げられていて、何となく長崎の教会を思い出してみました。この教会には障がい者の施設が隣接していて、障がい者たちが教会の掃除をしていました。

庭にはマザー・テレサの御像があり、何となく温かい雰囲気を感じました。

それから再び8番のバスに乗ってトゥードゥック区へ。次のバス停ですが、二キロくらいはあるでしょうか…。

サイゴン川にかかる大きな橋を渡って、バスを降り、10分くらい歩いてファティマ教会に到着しました。

この教会は一年前に建てられた立派な教会です。大聖堂は閉まっていましたが、隣接する小聖堂でたくさんの信徒たちが祈っていました。

ファティマの聖母像が飾られ、これまた温かい雰囲気を感じました。

訪問が終わったのが、午前9時30分くらいでしたが、外は35度近くになり、とても暑い中、共同体に戻ってきました。

あなたにオススメ