家庭の友 2017年11月号

毎年11月は、カトリック教会では「死者の月」です。愛する家族、親戚、恩人、友人など臨終の場に立ち会われて、「死」について考えることもあるでしょう。今回の特集では、ゆかりの深い方々の死、自分自身の死などについてどのように考えるかを、松浦悟郎司教様(名古屋教区)、シスター三嶋邇子さん(聖パウロ女子修道会)、シスター髙木慶子さん(援助修道会)に執筆していただきました。11月号の発行は、10月10日前後を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. テレビで家出をしている10代、20代の少女たちを取材している番組を観ました。その中で、1人の少女に「…
  2. 東京・四谷の「しんみち通り」に「タイ・ベトナム料理」と銘打っている店がありますが、ベトナムに住んでみ…
  3. 東日本大震災後86カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 東京都内の四谷近辺にはけっこう古いお寺があり、そこにはたくさんの墓地が併設されています。昼間はともか…
  5. 国内・海外に数多くの観想修道院があり、日々「祈りと労働」がささげられ、その実りとして品質の高い製品が…

ピックアップ記事

  1. 私は、以前しばらくの間修道院を一旦離れて、一般の会社で働いたことがあります。その時に頂いた初めての給…
  2. サンパウロのキリスト教グッズレーベル<アレッタパオロ(aletta paolo)>から新商品のお知ら…
  3. 私たちは、どのような時におん父から恵みをいただいたかということが分かるでしょうか。おん父は、私たちが…
  4. 2017年5月10日~12日、アルゼンチンのブエノスアイレスで、編集と普及部門の会合が行われました。…
  5. 聖パウロ修道会史上初めての、ベトナム人の誓願者が誕生しました。2017年3月19日、東京の若葉修…
PAGE TOP
Translate »