ちいさなほしのものがたり

小さな星とイエスさまのクリスマス物語夜空には、いったいどれほどの星が輝いているのでしょうか。
皆さんは、疑問に思われたことはないでしょうか。この本には、一番小さな星とイエス様の
クリスマス物語が描かれています。小さな星は、ほかの星たちのように
美しく立派に輝く星ではありませんでした。どちらかというと、みんなからは良く見えない星でした。しかしその一番小さな星が、神さまから大切な役目をお願いされたのです。そしてほかのどの星たちよりも明るく輝きました。

文:リチャード・リトルデール
絵:ドゥブラヴカ・コラノヴィッチ
サイズ:215×260mm
ページ数:28ページ
定価:1,000円+税
ISBN:978-4-8056-5816-1
発行:サンパウロ
※2017年10月25日発売予定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. テレビで家出をしている10代、20代の少女たちを取材している番組を観ました。その中で、1人の少女に「…
  2. 東京・四谷の「しんみち通り」に「タイ・ベトナム料理」と銘打っている店がありますが、ベトナムに住んでみ…
  3. 東日本大震災後86カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 東京都内の四谷近辺にはけっこう古いお寺があり、そこにはたくさんの墓地が併設されています。昼間はともか…
  5. 国内・海外に数多くの観想修道院があり、日々「祈りと労働」がささげられ、その実りとして品質の高い製品が…

ピックアップ記事

  1. 新約聖書の文書の並び順は、どのように決められたのでしょうか。年代順に並べればよかったのにと思うのです…
  2. キリスト教の司祭職がどのように生まれたのか教えてください。現在の司祭職が確立するまでに、およそ千…
  3. 3世紀のはじめ、おそらく203年3月7日、セプティミウス・セヴェルス帝の命令により、カルタゴで数名の…
  4. 聖体ランプ聖櫃の近くにあり、赤色の容器に収められた蜜ろうでできたロウソクです(現代では電球を使用…
  5. 2017年3月13日~16日、ポルトガル・アンゴラ地区の地区集会が行われ、総長のヴァルディル・ジョセ…
PAGE TOP
Translate »