修道生活の原点はやはり福岡にある 洗川修一修道士

私の召命のきっかけは当時としては単純なことであった。

今は亡き前田神父さんが自分の教会に募集に来たのと、すでに入会していた同郷の先輩がたくさいたので、彼らから勧められたということである。

また、シスターとなっていた叔母たちがいたのも少なからず影響があったと思う。兄弟の中から一人ぐらいは神学校か修道院に行くという周りの雰囲気もあった。

終生誓願(1981年)

しかし、両親から直接問われた記憶はあまりなく、暗黙のうちにそうなっていたのかもしれない。

小学校を卒業して入会ということなので、何も分からず、司祭、修道士の身分についても分からなかった。志願院があった福岡に行くということも、随分遠いという感じだった。五島から離れたことは、入会前年の修学旅行以外はかったので、船と汽車を乗り継いで行くということは気が遠くなることだった。

誓願25年(2000年)

いま福岡での三年間を振り返ってみると、いろんなことが思い出される。共同生活や勉強などの苦い体験や、特に食べ物については初めて食するものが多かったので、ドキドキしながら食べていたような記憶がある。

しかし、自分の修道生活の原点はやはり福岡にあるような気がする。多くの体験をしたことの中に、ある種の緊張感がいつもあって、それを乗り越えてきたから、今の自分があるのだと思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. テレビで家出をしている10代、20代の少女たちを取材している番組を観ました。その中で、1人の少女に「…
  2. 東京・四谷の「しんみち通り」に「タイ・ベトナム料理」と銘打っている店がありますが、ベトナムに住んでみ…
  3. 東日本大震災後86カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 東京都内の四谷近辺にはけっこう古いお寺があり、そこにはたくさんの墓地が併設されています。昼間はともか…
  5. 国内・海外に数多くの観想修道院があり、日々「祈りと労働」がささげられ、その実りとして品質の高い製品が…

ピックアップ記事

  1. 2017年12月8日、ポーランドのキエルスに新しい書店が開店しました。地区長のボグス…
  2. 私たちは、時として「不条理」に向き合わなければならないことがあります。病気やケガ、災害や事故、職場や…
  3. ずいぶん前にある司祭が叙階された時に「もし、私が『神父病』になったら、教えてくださいね」と私に言って…
  4. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへのクリスマスメッセージをお届けします。ぜひご覧…
  5. イエスが復活してから一週間になります。弟子たちの心境はどうだったのでしょうか。「ユダヤ人を恐れて、自…
PAGE TOP
Translate »