アルゼンチン、チリ、パラグアイ管区の会議

2017年8月11日~13日、アルゼンチンのブエノスアイレスにあるフロリダ修道院で、アルゼンチン、チリ、パラグアイ管区の会議が行われました。この会議の中で、将来を見据えながら、パウロ的生活と使命について考えていきました。この会議には、シスター・マルセロ・デッツィが同伴してくれました。また検証訪問期間にあたり、総顧問のルイジ・ボフェッリ修道士も同席してくれました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. テレビで家出をしている10代、20代の少女たちを取材している番組を観ました。その中で、1人の少女に「…
  2. 東京・四谷の「しんみち通り」に「タイ・ベトナム料理」と銘打っている店がありますが、ベトナムに住んでみ…
  3. 東日本大震災後86カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  4. 東京都内の四谷近辺にはけっこう古いお寺があり、そこにはたくさんの墓地が併設されています。昼間はともか…
  5. 国内・海外に数多くの観想修道院があり、日々「祈りと労働」がささげられ、その実りとして品質の高い製品が…

ピックアップ記事

  1. 主の降誕の朗読箇所では、いつもキリストの誕生の方に目を向けていきますが、今回はちょっと視点を変えて、…
  2. 2017年6月6日(火)、ウクライナで広報の集いが開催されました。最初にミサがささげられ、大司教区の…
  3. 聖パウロ修道会日本管区長 鈴木信一神父あなたへ送る2017年11月のメッセージ!皆さん、…
  4. 聖ヨハネ1世教皇は、イタリアのトゥシアという町で生まれ、ホルミスダス教皇の後継者として523年8月1…
  5. 子どもの時の印象が強いためか、「二羽の雀」と聞くと、ついつい「庭の雀」を思い出してしまいます。しかも…
PAGE TOP
Translate »