改修中のサイゴン教会

ベトナムのホーチミン市内でひときわ目立つのはサイゴン教会です。街のシンボルと言ってもよいでしょう。
カテドラルにもなっていますが、多くの方々に親しまれ、「聖母教会」とも呼ばれたりしています。

この教会は1895年に建てられたもので、だんだん老朽化が進んだこともあって改修工事が始まりました。
そのため、教会の周りは囲いがなされ、ミサ以外の時は中に入ることができません。改修は二年くらいかかるのでしょうか…。

中に入れない、通常は撮影禁止になっているので、周りには写真が飾られています。それを見るだけでも退屈しません。

最初にこの教会が建てられたのは、1880年で、火事か何かで1895年に壊れたようです。

その当時の写真もありますが、とてもきれいな教会だったのですね。

1895年に再建され、現在にいたっています。

歴史を追って写真を見ると、周りの建物が変わっていたり、シスターたちの服装が若干変わっていたり…。

ステンドグラスや教会の鐘の写真もありますが、一番大きい鐘は、1.9mあり、重さは5931キロと記されていますので、相当な重さになります。

また荘厳なミサの雰囲気もあり、工事現場とは思えないような趣です。

そんなことで、二年後、改修された教会がどのようになるのか、ちょっと楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ベトナムで「アボガド」を食べる時、わさびと醤油を使うと、とてもおいしくいただけます。日本製の「わさび…
  2. ●コルポラーレ(聖体布)ミサの時に広げて、この上にカリス、パテナなどを置いて使用する白い亜麻布で…
  3. 日本カトリック典礼委員会は、カトリック教会の典礼における聖書朗読に限って、『聖書 新共同訳』で使用さ…
  4. 復活節第4主日は、「世界召命祈願日」と教会で定められています。司祭は、ミサの集会祈願で「良い羊飼いで…
  5. 今年も「世界広報の日」を記念したパウロ家族使徒職責任者会(PAP)主催の講演会を開催致します。…

ピックアップ記事

  1. ベトナム語の語学学校に通う時、いつもバスを使っていますが、そのバス停まで7~8分ほどかかります。通常…
  2. この本はローマ教皇ベネディクト16世の臨席のもとに、教皇公邸(教皇庁に勤めている枢機卿も黙想会に参加…
  3. とまにちわ!会員たちのエッセイとか日々の出来事が載っている、聖パウロ修道会の情報誌『希望の丘…
  4. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへのメッセージをお届けします。ぜひご覧ください。…
  5. 2017/2/28

    四旬節
    四旬節とはどのような期間かと問われれば、まず第一に洗礼志願者の直前の準備期間であるということ、そして…
PAGE TOP
Translate »