聖パウロの剣――キリスト教知恵袋

聖パウロの御像は剣を持っていますが、なぜ剣を持っているのですか?

長剣を持った像を見ると、わたしたちはパウロの像だと判断します。長剣はパウロであることを表すシンボルです。パウロが長剣によって表されるのは、彼が剣によって斬首され、殉教したからです。

剣がパウロのシンボルとして用いられるようになったのは、十三世紀以降のことです。それまでパウロのシンボルとして用いられたのは、巻物か書物でした。古くは六世紀にさかのぼり、イタリアのラヴェンナにあるモザイクがその代表です。これはパウロが多くの書簡を書き残したことに由来します。新約聖書は全部で二十七の書物から構成されていますが、そのうちの十三がパウロ書簡ですから、数で言えば新約聖書のおよそ半分がパウロ書簡で占められていることになります。

もっとも、書物を持った御像はパウロだけではありません。マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの四福音史家や、旧約の預言者たちも書物を持って描かれています。

そのためでしょうか、あるいはパウロが騎士の保護の聖人とされたこととも関係するのでしょうか、十三世紀以降は、書物にかわって長剣がパウロのシンボルとして用いられるようになりました。時には二本の剣を持ったパウロ像もあります。この場合、一本はパウロの殉教を、もう一本はパウロが宣べ伝えた「神の御言葉」を表しています。「御言葉は霊の剣」(エフェソ6・17)であり、「どんな両刃の剣よりも鋭く、精神と霊、関節と骨髄とを切り離すほどに刺し通す」(ヘブライ4・12)と書かれているからです。この「霊の剣」とも表現される「御言葉」を、不屈の精神を持って諸民族に語ったのがパウロでした。

現代のパウロ像の多くは、書物とともに一本の長剣を持っています。以上の歴史を踏まえると、この一本の剣は、パウロが剣によって殉教したことを表すと同時に、「霊の剣」と言われる御言葉の不屈の宣教者であったことをも表していると言えるでしょう。

・回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災後82カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  2. イエスが愛したように愛することとは?これは非常に難しい。愛される資格がないにもかかわ…
  3. 絵と本文に写真満載!! 女子観想修道会のシスターたちの生活と祈り。世界的に蔓延する刹那主義や騒音…
  4. 聖パウロ修道会 日本管区長 鈴木信一神父より、皆さまへのイースターメッセージをお届けします。ぜひご覧…
  5. 2017/6/29

    聖ペトロ
    6月29日は、聖ペトロと聖パウロという教会の礎となった二大聖人を祝う日です。今回は、二人のうち聖ペト…
PAGE TOP
Translate »