アトリウムの子どもたち モンテッソーリの宗教教育

モンテッソーリ宗教教育では、子どもたちが五感を使い、神さまに心を向ける部屋(アトリウム)がある。
子どもたちは、ここが大好きで、喜びに満ち溢れて帰っていく。
本書は、教具の使い方を一つ一つ説明するだけではなく、子どもの祈りの言葉も紹介しながら実践形式で解説する。
子どもと関わるすべての方におすすめの書である。

著者:長谷川京子
判型:B6判並製
ページ数:248ページ
定価:1,800円+税
ISBN:978-4-8056-0065-8
発行:サンパウロ
※2017年8月30日発売予定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 神様は、様々な形で私たちをお招きになります。「どうしたら、聖パウロ修道会の神父・修道士になれるの…
  2. インターネット通販<パウルスショップ>の【イースター】の特集ページはチェックされましたか?キリス…
  3. 今年最もアクセスの多かった掲載記事トップ20をご紹介します。すでに読んだ方、まだ読んでいない方、…
  4. 「冠婚葬祭」は、私たちにとって特別なことではないでしょうか。結婚式は皆なで、新郎新婦を祝い、喜びを分…
  5. ●オステンソリウム(聖体顕示台)金、また銀メッキされた金属製のもので、中央部に聖体を納める透明な…
PAGE TOP
Translate »