恵みの中で 伊集院俊紀修道士

私のパウロ会との出会いは1954年のことです。聖パウロ女子修道会の二人のシスター(シスター・ローザさんとシスター・エレナ深堀さん)が奄美大島にやってきました。この二人の募集により、数名の志願者が入会しました。シスター・ヴィオラ伊集院さんです。

その後、シスターたちはパウロ会のアンジェロ・カステロット神父さんを紹介してくれました。「奄美に入会しそうな子が何人かいるよ」ということで…。1955年3月にアンジェロ神父さんが奄美にやってきて、私と右田神父さんなど4名が入会しました。大熊教会から1名、龍郷教会から1名、安木屋場教会から1名など合計4名。当時、奄美大島の道路は整備されていなくて、船のほうが便利でした。

誓願25周年(1987年)

私は中学2年の時から福岡修道院に入りました。入会した時、山口輝男神父さんがすでにいて、中学3年生でした。西木場教会の浅田、五島の楠原教会の中野、私と右田神父と夫津木神父が一緒に入り、福岡修道院の志願者は合計6名でした。大石さんが卒業して東京へ行き、志願者がとても少ない時期でした。先輩が3人(山口神父、中野、浅田)、私と右田神父が入会し、翌日、夫津木神父が入会しました。3年生が3人、2年生が2人、1年生が1人でした。その後、けっこう増えました。パウロ山野修道士さんが福岡に着任し、彼があちこちで募集活動をし、志願者が入会してきました。彼のカリスマだったかなあ? 

私は修道院に入会したけれど、何にも分かりませんでした。洗礼は神戸で、もともとは関西人です。昭和22年にそこを引き上げて奄美へ行きました。奄美では7年くらい生活したかなあ?

私が入会したのは昭和30年3月23日です。入会に際し、アンジェロ・カステロット神父さんにたいへんお世話になりました。私の親父のような存在です。入会して最初の使徒職は解版でした。その後は東京で組版、写植。写植部門では先駆者です。もともと組版の仕事をしていたので、写植部門にはスムーズに転向できました。八王子修学院で1年働いた後、若葉修道院へ異動して書店で働きました。17─18年くらいやったかなあ? 最初、書店の仕事はミケレ(山内重夫修道士)さんでしたが、途中で交代しました。ミケレさんが営業部へ異動して、私は書店で働くようになりました。今でも店に行くと、お客さんから「ああ、懐かしい」と言われたりします。

長いこと修道生活を送れたのは私にとって大きな恵みです。山あり谷ありの人生で、「やめよう」と思ったことも何回かありました。そんなこともあったけれど、学んだこともたくさんあります。一番感じたのは店で働いて、一般社会のことをいろいろ知ることができたことです。修道院の中だけでなくてね。修道院の中だと、「池の中の蛙」で、自分の世界しか知らないことだってあります。パウロ会にいて、いろいろなことを知ることができたのは、私にとっての魅力です。店でいろいろな人に接客しながら「相談に乗ってくれませんか」と言われたこともあります。ブラザーだからということで、安心して話しかけてくる人もいました。

総長と共に

今は召命を何とかしないといけませんね。外国との交流を通して召命が育てばいいなあと思います。将来を真剣に考えないといけませんね。(談)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 「明日のことまで思い悩むな」と今日のみことばは結びます。『バビロニア・タルムード』の中に「明日のこと…
  2. 1997年9月5日にコルカタでマザー・テレサが帰天して、今年でちょうど20年になります。この機会に、…
  3. 2014年の4月から消費税が八%に跳ね上がりました。経済の動向を見極めた上でさらに十%にするか、やが…
  4. この春、新生活を迎え、身の回りの持ち物から気分を変えたいと思っている皆さんに送る、パウルスショップの…
  5. 今日のみことばに登場するファリサイ派の人はとても立派な人です。「週に二度断食し、全収入の十分の一を納…
PAGE TOP
Translate »