ベトナムの郵便事情

手紙を出すために、日本だとあちこちで郵便ポストを見かけることができます。

ベトナムのサイゴン市内ではそうした郵便ポストを見かけることがなく、郵便局へ持っていかなければならない不便さがあります。

日本のようにコンビニで切手を買い、ポストに入れる便利さがあればよいのですが…。

サイゴン市内にはとてもおしゃれな中央郵便局があります。しかもサイゴン教会の隣にあってとても便利です。

郵便局の中に入るとホーチミン氏の写真が飾られていて、ここは共産圏の国だと一目瞭然。

同時にモスクワ、東京、ペキン、ソウル、プレトリアの時刻が表示されているのですが、みんな時間が違います。時差のためかと思ったのですが、よく見ると時計が止まっているのです。どれが正確なのか分かりません。

さて肝心の手紙を送るためにカウンターへ行ったら、「TEM THU(STAMP)」と書かれている所だと言われました。切手を貼ってそこで受け取ってくれるかなあと思ったら、出すところは「THUNG THU(Mail Box)」と書かれている所だと言われ、やっと出すことができました。

出す所も電話ボックスのようだし、隣はATMのボックス。また郵便局内にはベトナムの種々の商品が売られていて、何となく雑貨屋さんのような感じもしました。

そうやって考えてみると、郵便は日本が便利だなあと気づかされた一日でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 聖パウロ修道会の創立記念日とパウロ家族の誕生日である、本日8月20日、聖パウロ修道会総長のヴァルディ…
  2. 2018年10月、「青年・信仰・召命」をテーマにシノドスが開催されます。それを前にして1月、パウロ家…
  3. ケラスコのアルベリオーネ一家の住まいは、ごく貧しかった。古ぼけた石としっくいで築いた二階建てての百姓…
  4. 【社会の中にある福音を取り込むというアプローチ】サンパウロ東京店<キリスト教書籍フロアー>からオス…
  5. 2017年3月25日、イタリアからの総顧問の二人が、日本管区の検証訪問を終え、離日しました。離日…
PAGE TOP
Translate »