コミュニケーション 復活第6主日(ヨハネ14・15~21)

最近はインターネット、ケータイなど、コミュニケーションの手段がとても発達しました。多数の人とのコミュニケーションは容易に取りやすいのですが、一対一のコミュニケーションはほんとうに深まったのでしょうか。自死者の数が3万人を切ったとはいえ、それに近い数値です。交通事故での死者は6000人を割る時代になりましたが、自死者の数は他の国に比べると多いかもしれません。なぜこうした現象が起こるのでしょうか。その一因には深いコミュニケーションの不足にもよるものです。とても皮肉なことかもしれませんが、コミュニケーションの手段が発達すればするほど、人と人とのコミュニケーションが希薄になりがちです。

かれこれ12年くらい前のことですが、コロンバン会のエドワード・デイキン神父様が亡くなりました。とても多くの信徒や信徒でない方にもとても慕われた司祭でした。オーストラリアのビクトリア州のシーモーに生まれ、来日して45年になっていました。日本語が特別に上手とは言えませんでしたが、人柄がとてもすばらしい司祭でした。デイキン神父様が生涯を通じて大事にしていたのは人と人とのコミュニケーションです。まず教会に派遣されたら、近隣の方々に挨拶する。特に教会に隣接している方々にはまず挨拶に行きました。それが信徒であろうが、なかろうがこだわることなく挨拶。人とのお付き合いをとても大事にした司祭でした。寂しくしている人がいれば、励ましていく。また悩んでいる人がいれば、その家を訪ねていく。人とのお付き合いを惜しまない司祭でした。イエスが今日のみことばで語る「わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない」という言葉を、身をもって実践した司祭だったなあと思います。

ともすれば、私たちは面倒くさいお付き合いは避けたいものです。そんな状況での牧者として関わっていくところにデイキン神父さんの素晴らしさがありました。イエスは私たち一人ひとりがみなしごになるようなことを望んでいません。そんなイエスの愛情やぬくもりが感じられます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  2. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  3. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  4. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…
  5. ローマ教皇フランシスコは2018年5月20日、来月6月29日の枢機卿会議において、カトリック大阪教区…

ピックアップ記事

  1. 教会の暦は、待降節から始まります。この期間は、救い主イエス・キリストの誕生を準備する期間で、カトリッ…
  2. 今回は、1月17日に祝われる聖アントニオ(エジプトの)修道院長を取り上げたいと思います。「聖アントニ…
  3. ベトナムで生活して6か月が過ぎましたが、いつも新しい発見があります。ベトナム語の学校へ通うために、い…
  4. パウロは理性の人だと思っていたら、すごい神秘体験をしていると聞きました。どんな体験ですか?パウロ…
  5. 私たちは、人間的に考えて能力的にも体力的にも限界を感じた時に、誰かに「丸投げ」をすることがあります。…
PAGE TOP
Translate »