一生涯忘れられない〜初誓願を宣立して〜 チャン・ゴ・グエン・ヴー神学生

私は3年ほど前、「私たちは宣教するために来ました」の精神で、日本の聖パウロ修道会にやってきました。
挨拶すらうまくできなかったのに、初誓願を立てることができました。私にとっては夢のようなことです。

ベトナムからの家族の参加はありませんでしたが、ベトナムにいた時の恩人たちが参列されました。もちろん、パウロ家族の方々、日本に住んでいるベトナム人の神学生や、シスターたちの姿もありました。

誓願式が始まり、左手を胸に、右手を聖書に置いた瞬間、ドキドキしていました。これが、神さまとの契約だ、イエス様との婚約ではないかと思うと嬉しく、心が「ウッ!」と叫び、思わず感動しました。パウロ家族の皆と友人たちに見守られ、誓願を宣立ことができました。そして、これからは、キリストのしもべとして、修道服と聖書、修道会の会憲も頂き、初誓願式を終えることができました。その後、若葉修道院の地下ホールで祝賀会がありました。皆さんから花束、カード、そしてプレゼントなど、たくさん頂きました。

初誓願の準備のために、いろいろ力を注いで下さった兄弟たちに感謝します。これからも、日本語を勉強しながら、修道生活を精一杯続けます。

(チャン・ゴ・グエン・ヴー神学生)

あなたにオススメ