一生涯忘れられない〜初誓願を宣立して〜 チャン・ゴ・グエン・ヴー神学生

私は3年ほど前、「私たちは宣教するために来ました」の精神で、日本の聖パウロ修道会にやってきました。
挨拶すらうまくできなかったのに、初誓願を立てることができました。私にとっては夢のようなことです。

ベトナムからの家族の参加はありませんでしたが、ベトナムにいた時の恩人たちが参列されました。もちろん、パウロ家族の方々、日本に住んでいるベトナム人の神学生や、シスターたちの姿もありました。

誓願式が始まり、左手を胸に、右手を聖書に置いた瞬間、ドキドキしていました。これが、神さまとの契約だ、イエス様との婚約ではないかと思うと嬉しく、心が「ウッ!」と叫び、思わず感動しました。パウロ家族の皆と友人たちに見守られ、誓願を宣立ことができました。そして、これからは、キリストのしもべとして、修道服と聖書、修道会の会憲も頂き、初誓願式を終えることができました。その後、若葉修道院の地下ホールで祝賀会がありました。皆さんから花束、カード、そしてプレゼントなど、たくさん頂きました。

初誓願の準備のために、いろいろ力を注いで下さった兄弟たちに感謝します。これからも、日本語を勉強しながら、修道生活を精一杯続けます。

(チャン・ゴ・グエン・ヴー神学生)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 2018年1月8日~10日、イタリアのアリッチャにある黙想の家で、パウロ家族の総統治会議が行われ、パ…
  2. ※本日予定しておりました、「加藤一二三 九段 トーク&サイン会」は、ご本人の体調不良のため、急き…
  3. 初代教会は、聖ペトロと聖パウロのけんかによって発展したということを聞きました。ほんとうのところ、二人…
  4. この箇所ではイエスが私たちに不正を勧めているように感じます。イエスは私たちに何を語りたいのでしょうか…
  5. 復活徹夜祭は、「光の祝福」から始まります。司祭は、復活ローソクに火を灯し「キリストの光」と唱えます。…
PAGE TOP
Translate »