ベトナムのバスの状況

ベトナム語学校へ行く時には、いつもバスを使っています。

午前6時40分近くに共同体を出発し、6時50分ごろにバスに乗ります。

30番のバスが学校の近くまで行くので便利です。渋滞の時もありますが、だいたい40分ほどで着きます。

最初、バス停の表示が分からなくて困ったのですが、バスの停留所がない所には、道路上にギザギザのような印が黄色で記されています。バスの停留所があるからと思って待っていても、場所が移動している時もあります。困りますね。

ある日、いつものように30番のバスを待っていました。路線表の所に30番のバスは10分から16分に一本走ることになっています。スムーズに来るときもあれば、30分待っても来ない時があります。そんな時、バスの中は満員状態です。前の運転手がさぼったのではと思うほどです。

そんなこともあり、最近では65番のバスに乗り、途中で6番か14番に乗り換えると、予定通り着くことができます。ところが65番のバスが満員状態の時もあります。そうすると、私も60代の仲間入りをしているので、若い人が席を譲ってくれるのです。しかもほぼ100%譲ってもらい、それも女学生に…。ありがたいと思うやら、私もお年寄りの仲間なんだなあと感じたり…。日本で席を譲ってもらったことはなかったなあと思います。

またバスに乗っていると、運転手さんが仏教徒かキリスト教徒かがよく分かります。運転席に飾りが置いてあるからです。

また今日はベンタイン市場の所へバスで行きましたが、あいにく工事中でした。通常はバスターミナルになっているのですが、地下鉄の工事なのでしょうか…。日本の企業体が活躍しています。

そんなことでバスターミナルはベンタイン市場から800メートル近く離れた9月23日公園の所に移動しています。新しいバスターミナルができると、どんなふうに変わるのかなあ…。

あなたにオススメ