1年ぶりに教皇大使がやってきた!

とまにちわ!

6月30日は「使徒パウロ」の祝日。
パウロ家族固有の祝日です。
今年も、若葉修道院と四谷修道院との合同で、お祝いイベントが開催されました。

そして、祝いの集いには、
バチカン駐日教皇庁大使(駐日ローマ法王庁大使館 特命全権大使)の、
ジョゼフ・ チェノットゥ大司教もいらっしゃいました!
心がおどる夏なんです!!

なんだか「教皇大使」というネームバリューだけでも、
祝い感がドーンとアップしますよね!?(笑)

昨年、初めていらっしゃった時は、
首から下げていた教皇大使の(?)十字架がキラキラして眩しかったんですけど、
今年は、首から下げていた十字架がなく、グレーのローマンカラーシャツ姿!
個人的にはこっちのほうが、近寄りやすい気がします(近づけなかったけど)。

教皇大使からの話は最後に! ということで、
乾杯して、年に一度のごちそうをいただきます。
そんな姿をカメラに収めようと、シャッターをカシャカシャ切っていた私。

写真撮影も一段落して、さあ、お寿司、食べよう!
と、お皿をみたら、もう、お寿司、なーーい!!
あるのは、果物とデザートーー!!!

うちではよくある光景。
もう、驚いたり、叫んだり、地団駄を踏んだりなんか、
しませんとも!
大人は黙って、アイスを頬張るのです!?
そんなことで、なんだかいつもの食事会の様相に・・・。

おかげで食べ物をもっと愛でたい気持ちになれました。

そして食べる物もいよいよなくなってきた頃、
いよいよ教皇大使からのありがたいお言葉を聞ける時が!
と、周りを見たら、人が半分くらいに減ってる!!
みんな、自由だよー!

こんなんで、教皇大使、また来てくれるんでしょうか?
っていうか、ぜんぜん、特別扱いしないところが、逆にいいのかもー。などと、あえてポジティブに考えることにします!

関係ないけど、教皇大使は何をやらせても確実にキメ顔になってるので、すごいと思います。

本記事について

最後までお読みいただきありがとうございます。本記事は「家庭の友」誌の過去記事を再掲載したものです。昔のことを懐かしみたいときにぜひ読んでいただきたい! そして、はじめて来た人には、まずこれを読んでほしい、というご挨拶代わりでもあります。楽しい気分になりたいとき、そうでない気分のときも、いつでもまた来てくださいね。
> 個人サイト:TomaP TwitterID:tomap_dayo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. とまにちわ!「病院まで一緒に付き添って来て!」付き添いって何するの? というか、不安。実…
  2. 2017年6月24日、ベネズエラのカラカスでホセ・アンヘル・トレス神学生が助祭に叙階されました。司式…
  3. 3月19日は聖ヨセフの祭日です。ヨセフは、イエス・キリストが人として生まれるにあたり、大切な役割を果…
  4. 2017年4月4日、エクアドルのグアジャキルにサンパウロの新しい書店が開設されました。この開設にあた…
  5. 裁判官と一人のやもめとでは、権力の大きな違いがあります。裁判などの場面に遭遇すれば、一人のやもめにと…
PAGE TOP
Translate »