パウロ家族のイタリア管区統治の会合

2017年4月23日(日)、ローマ市内の聖パウロ修道会イタリア管区本部にて、パウロ家族のイタリア管区統治の会合が開催され、5人の子どもを持ち、永久助祭のトニノ・カンテルミ博士が講演しました。この会合でパウロ家族にいただいた大きな賜物に感謝と喜びを感じるとともに、それぞれに委ねられた使命を共にしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 2017年10月23日~25日、CTIA(総本部直属組織/聖パウロ修道会使徒職専門委員会)の会議がイ…
  2. 今日は2017年5月13日。ファティマで聖母がご出現になってからちょうど百年になります。…
  3. 典礼は、「年間主日」の最後となる「王であるキリスト」です。企業でも年度末は、決算をしたり、棚卸しをし…
  4. 【キリシタン大名・高山右近に熱視線!】大名の地位を捨ててもなお、信仰に命をささげ、徳川幕府の禁教令…
  5. 私たちは、身近な人の死に会う時その方との関係が深ければ深いほど悲しみも深いものです。しかし、亡くなっ…
PAGE TOP
Translate »