ポルトガルでの生涯養成の一週間

2017年4月11日~15日、リスボンにてポルトガル・アンゴラ地区の生涯養成のためのコースが行われ、総顧問のダルレイ・ザノン修道士が指導しました。このコースでは、パウロ的編集の使命やアイデンティティについて考え、この内容は今年の10月にイタリアのアリッチャで開催される国際セミナーに反映されることになっています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  2. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  3. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  4. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  5. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…

ピックアップ記事

  1. 私たちは、何か楽しいことや嬉しいことがあるとき、または、何かのイベントがあるときなど、何日も前から指…
  2. 私の召命のきっかけは当時としては単純なことであった。今は亡き前田神父さんが自分の教会に募集に…
  3. 東日本大震災から7年になりますが、復旧工事が進み、外面的には景観が変わってきました。しかし、福島の原…
  4. 今日の箇所では、ファリサイ派の人で、ユダヤ人たちの議員であったニコデモに対して、イエスが答える場面で…
  5. 最近はインターネット、ケータイなど、コミュニケーションの手段がとても発達しました。多数の人とのコミュ…
PAGE TOP
Translate »