家庭の友 2017年6月号

情報化時代の中にあって、情報技術や手段は日ごとに進歩しています。学校ではパソコンを触るのが当然の時代となり、人との交流の仕方もずいぶん変化してきました。そうした中で、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)も大きな影響を及ぼしています。目まぐるしく変わる時代の中にあって、SNSを福音宣教のためにどのように活用なさっているかなどを、菊地功司教様(新潟教区)、土屋至氏(シグニス・ジャパン会長)、藤山義和氏(カトリック玉里教会信徒)が執筆してくださいました。
発行は5月中旬を予定しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 【日本初!ヴァチカン美術館公認の大型図録集&映像セット】歴史的芸術家たちの作品を、自宅で体験するこ…
  2. 総長が選出されて2周年にあたり、副総長のヴィート・フラッキオッラ神父が出したメッセージの日本語訳をご…
  3. この本はローマ教皇ベネディクト16世の臨席のもとに、教皇公邸(教皇庁に勤めている枢機卿も黙想会に参加…
  4. SIGNIS JAPANでは、教会とインターネットを考えるセミナーを下記の通り開催いたします。22回…
  5. 今年は、寺島尚彦氏が「さとうきび畑」を作詩作曲してちょうど50年になります。寺島氏との思い出や詩に込…
PAGE TOP
Translate »