家庭の友 2017年6月号

情報化時代の中にあって、情報技術や手段は日ごとに進歩しています。学校ではパソコンを触るのが当然の時代となり、人との交流の仕方もずいぶん変化してきました。そうした中で、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)も大きな影響を及ぼしています。目まぐるしく変わる時代の中にあって、SNSを福音宣教のためにどのように活用なさっているかなどを、菊地功司教様(新潟教区)、土屋至氏(シグニス・ジャパン会長)、藤山義和氏(カトリック玉里教会信徒)が執筆してくださいました。
発行は5月中旬を予定しています。

あなたにオススメ