コロンビア・エクアドル・パナマ管区で終生誓願式

2017年3月25日、エディス・アルフレッド・ガルシア神学生とジョルディン・アントニオ・マルチネス神学生がコロンビアのボゴダ修道院で終生誓願を宣立しました。司式は、管区長のマルチン・セプルヴェダ神父。この式には、パウロ家族の会員や親戚などが集まりました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  2. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  3. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  4. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  5. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…

ピックアップ記事

  1. 2016/11/19

    聖書週間
    日本の教会では、11月の第3日曜日から第4日曜日までを「聖書週間」と定めています。この期間、わたした…
  2. アレキサンドリアの司教聖チリロの記念日は6月27日です。チリロは、エジプトで378年ごろに生まれ、4…
  3. 2017年5月5日~9日、イタリアのシチリアでパウロ家族の集いが行われ、総長のヴァルディル・ジュセ・…
  4. ヤコブは、このころから科学と哲学と神学とを、道・真理・声明であるイエス・キリストのうちに調和統一しよ…
  5. 今年は東京オリンピック(1964年)が開催されてから53年になります。このオリンピックを境に、日本は…
PAGE TOP
Translate »