修道院の蜂蜜

とまにちわ!

イタリアの修道院で採集されたという、修道院の蜂蜜。
クマ気分でテイスティングしてみました!
イタリア・トスカーナ州グロセット郊外の山の頂上にある、シロエ修道院で作られている蜂蜜。
瓶詰めも全て手作業で行われているんだそうですよ。

テイスティングしたのは、
「ミッレフィオーリ 春」「ミッレフィオーリ 夏」
「ミッレフィオーリ 秋」「ペペロンチーノ」「サフラン」。

季節に味の違いはある?
ペペロンチーノとサフランの蜂蜜ってどんな味?
そもそも、味の違いが分かるのか、自分?

なんて思いながら、ちょっとずつもらってみたら、色も味もすべて違うー!

おいしい!
あまい!
おいしい!
からい!
イタリアっぽい!

これじゃ、ニュアンスがまったく伝わらない・・・。
季節の蜂蜜は、濃厚さというのか風味が違う。
秋が一番濃厚な気がする。
個人的には、くせも少なく、さわやか風味の「春」が好き。
みんなは「夏」がいいって言ってたけど、ホットケーキにかけて食べたいんだもの!

なんでも、ペペロンチーノは、修道院の丘で無農薬で採集された、こだわりのものなんだそう。
あまいのと、からいの、同時に楽しめちゃう新感覚の蜂蜜。
なんというか、スイートチリソースみたいな感じかも?

そして、高級な香辛料と言われるサフランに蜂蜜!
なんともゴージャスな組み合わせだ。
「食前酒、パン、カナッペ、チーズなどと一緒に頂くと最高!」
らしいけど、そのままなめると、こう、なんというか、言葉にできない!

しばらくなめてたら、子どものころに使った水彩絵の具を、なぜか思い出しました。
いま考えると、なんで絵の具をなめたりしてたんだろ・・・。
蜂蜜は、過去の記憶も呼び起こしてくれるんですね!

本記事について

最後までお読みいただきありがとうございます。本記事は「家庭の友」誌の過去記事を再掲載したものです。昔のことを懐かしみたいときにぜひ読んでいただきたい! そして、はじめて来た人には、まずこれを読んでほしい、というご挨拶代わりでもあります。楽しい気分になりたいとき、そうでない気分のときも、いつでもまた来てくださいね。
> 個人サイト:TomaP TwitterID:tomap_dayo

関連記事一覧