チャータム教会を訪問

今日(4月1日)は学校も休みだったので、ホーチミン市内にあるチャータム教会を訪問してみました。

この周辺はチョロン地区とも言われ、ベトナム語で大市場(チョ=市場、ロン=大きい)の意味で、この近くにはビンタイ市場があります。

この地区は、18世紀後半に中国の華僑の人たちが移住したことに始まるようで、教会の近辺には中国語の文字が目立ちます。

チャータム教会は1900年に献堂された教会で、とても立派なものです。青空ととてもマッチする感じです。

この教会は、1963年11月、南ベトナム政権に対するクーデターの際、ゴ・ディン・ジェムが無条件降伏した場所として知られている所です。また教会の内外には中国語が書かれていて、中国の信者さんも多いのだなあと感じます。

教会の掲示板には、ベトナム語と中国語が併記されていて、中国の信者さんを意識しているなあと思います。またベトナムの聖人も中国語で紹介され、面白いなあと思いました。

さらに教会の隣には、医師が無料で診察したり、裁縫のボランティアをしている人、信心会で集まりをしている人など、いろいろな活動があるのだなあと感じました。同時に、この教会の近辺には、大きなビンタイ市場もありますが、小さな商店も建ち並び、とても庶民的な街だなあと感じます。

ただ、ここから一歩外に出ると高層マンションが建っていて、貧富の差も感じたりします。

ここにも経済発展の波が打ち寄せていて、やがて教会近辺の小さな商店街もなくなっていくのかなあと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 今日の箇所は憐れみの三つのたとえがあり、最初は「見失った羊」、次に「なくした銀貨」、最後に有名な「放…
  2. 2017年の暮れから2018年の年頭にかけて、私たちは大きな出来事を立て続けに体験しました。…
  3. アルベリオーネ神父は、教会の信者の司牧を重要視し、三つの小教区で、特に牧職を実行し、ほかの多くの小教…
  4. パウロは、結婚を否定はしていないものの、結婚に関して、とても消極的な発言をしていると聞いています。本…
  5. パウロが宣教していた時、福音書はまだ一冊も書かれてはいなかったと聞きました。それならなぜパウロは福音…
PAGE TOP
Translate »