韓国での助祭叙階式

2017年3月11日の午後3時、聖パウロ修道会韓国地区のソウル修道院でブルーノ・カン・ベオングァン神学生の助祭叙階式が行われました。
司式はソウル大司教区のペトロ・チェン補佐司教。この叙階式には、パウロ家族の会員たちをはじめ、総顧問のサルード・パレーデス神父とダルレイ・ザノン修道士も参加しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  2. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  3. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  4. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  5. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…

ピックアップ記事

  1. 私たちは、【光】をどのように感じているのでしょうか。朝、太陽が昇るとその光を感じることができます。暗…
  2. ●オステンソリウム(聖体顕示台)金、また銀メッキされた金属製のもので、中央部に聖体を納める透明な…
  3. 2017年6月4日(日)、フィリピンのマカティ修道院で三人の初誓願式が行われました。司式は管区長のホ…
  4. 東日本大震災後86カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  5. アルベリオーネ神父は、次の問題解決に向かった。すなわち先の神学生の問題である。「もと大神学生…
PAGE TOP
Translate »