聖パウロの時代の書物――キリスト教知恵袋

聖パウロのシンボルの一つが書物だそうですが、当時の書物はどのようなものだったのでしょうか。パウロが左手に持っているのが、当時の書物ですか?

パウロが左手に持っているものは、すでに完成した書物ではなく、書物の素材となる皮紙だと思われます。

私たちにとって、書物と言えば印刷され、中央がとじられ、きれいに製本されているものですが、パウロの時代の書物は、手書きの巻物を意味しました。

パウロの時代における書物の素材は、紙ではありません。紙はパウロが生まれた頃、中国で発明されていますが、パウロの世界に伝えられるのは八世紀頃です。パウロの時代に紙の役割を担っていたのは、パピルスと皮紙でした。

パピルスはエジプトに自生する植物で、その茎を利用してつくります。英語のペーパー(paper)はパピルスが語源です。いっぽう皮紙は子羊や子山羊の皮をなめして作ります。皮紙の最も有名な生産地はペルガモン王国でした。英語の皮紙を意味するパーチメント(parchment)の語源はペルガモンです。

パピルスは生産が容易で安価でしたが、耐久性に欠けました。いっぽう皮紙は高価ですが、耐久性に優れ、かつ両面に書くことができました。そのため旧約聖書を書き写すためには皮紙が用いられました。

ところで巻物の聖書の場合、読みたい箇所をすぐに開くことができません。そこで巻物に代えて、現在の本型の聖書が発明されました。すなわち、皮紙を一定の大きさの四角形に切りそろえて重ね、それを二つ折りにして、折り目にそって縫いとじるのです。これだと読みたい箇所を簡単に開くことができました。このタイプの書物をコデックスと呼びますが、これが発明されたのは、一世紀の終わり頃と考えられています。したがって、パウロが用いた旧約聖書は皮紙の巻物型であったと言えます。

ところで、パウロが手紙を書く場合、皮紙を用いたと考えられます。もう一度前号のパウロ像をご覧ください。彼が左手に持っているのは、おそらく皮紙です。同じ大きさに切りそろえられているようですが、決してコデックスのように縫いとじられてはいません。

『テモテの第二の手紙』に次のように書かれています。「あなたが来る時には、私がトロアスのカルポの所に置いてきた外套を持って来てください。また書物、特に皮紙のものを持って来てください。」(4・13)

福音宣教のために皮紙を利用したのは、パウロが世界で最初でした。

●回答者=鈴木信一神父

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  2. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  3. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  4. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…
  5. ローマ教皇フランシスコは2018年5月20日、来月6月29日の枢機卿会議において、カトリック大阪教区…

ピックアップ記事

  1. 今回は、9月8日に祝われる聖マリアの誕生の祝日について考えたいと思います。人間の誕生、それは…
  2. カトリック教会では伝統的に11月を「死者の月」としています。身近な方々の死や自分自身の死のことについ…
  3. 今日のみことばで「狭い門から入るように努めなさい」(ルカ13・24)とイエスは語ります。狭い門が救い…
  4. 東日本大震災後82カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  5. 教会の暦は、待降節から始まります。この期間は、救い主イエス・キリストの誕生を準備する期間で、カトリッ…
PAGE TOP
Translate »