神との出会い 四旬節第2主日(マタイ17・1~9)

今日のみことばの中で「イエスの姿が彼らの目の前で変わり、顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった」(マタ17・2)と言います。こうした状況から見ても、主の復活の前表です。まさに主の変容は、復活の栄光を前もって示してくれた時です。

やがて「光り輝く雲が彼らを覆った」(マタ17・5)とあります。「雲」は昔から神の現存を示すものです。シナイ山でモーセが神との出会いを体験した時、同様に雲が現れます。

これまでに何回となく山に登り、何回となくご来光に出会いました。例えば、シナイ山、赤岳(八ケ岳)、北アルプスの槍ケ岳、穂高岳、五竜岳、白馬岳、薬師岳、立山、三俣蓮華岳、鳥帽子岳、大天井岳、燕岳、水晶岳、野口五郎岳、針の木岳、南アルプスの農鳥岳、中央アルプスの空木岳、おまけにローマから成田へ向かう途中のシベリア上空など。ご来光の場所はそれぞれ違っていても、それぞれに思い出が残っています。日が昇る時の感動はどこでも忘れられないものですが、共通しているのは、ご来光とともに、風が少しずつ出てくること。たぶん太陽熱の影響で気温の変化が生じ、それに伴って風が出てくるのでしょう。そのうちに不思議と雲が現れたりもします。一つひとつの変化がとても感動的で、そういう状況にいると、自然に神の現存を感じたりします。人間の業ではできないもの、神の偉大な神秘の現われを体験するようです。イエスも山に登り、変容を通して神との出会いを体験したように…。

私たち自身もいろいろな形で日々、神との出会いを体験しています。ミサ中の聖体制定の場面や聖体拝領において、みことばを聞くことによって、隣人との出会いを通して…。たくさんの神との出会いの場がありますが、私たちはどれだけ意識しているでしょうか。

主の変容の出来事は、特別な機会だけではなく、日々の生活の中で神との出会いを体験できることを示してくれます。それに気づくためには、私たちの日々の変革が必要でしょう。

あなたにオススメ