イエス・キリストを思い起こしてください 現代の信仰問答への応答として

この本はローマ教皇ベネディクト16世の臨席のもとに、教皇公邸(教皇庁に勤めている枢機卿も黙想会に参加した)にて、2005年の待降節と2006年の四旬節に行われた黙想会の説教集です。
黙想会に共通した主題は、現代におけるキリストに対する信仰についてであり、二つの異なる視点から考察されています。第1部の待降節はキリストを告げ知らせることに重点が置かれています。第2部の四旬節はキリストに倣うこと、特にキリストのご受難に倣うことを重視しています。

著者:ラニエロ・カンタラメッサ
監訳:小平正寿、パウロ・ヤノチンスキー
訳者:金子知香、高木利彦
価格:2,000円+税
判型:B6判並製
ページ数:224ページ
ISBN:978-4-8056-0479-3
発行:サンパウロ
※2017年3月1日発売予定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 2017年3月25日、スペインのビルバオの新しい書店が開設されました。開設にあたり、ラザロ・ガルシア…
  2. とまにちわ!パウロ家族合同で行われた年の黙想会。シスターの参加が圧倒的に多くって、当然周…
  3. 真っ白に輝くイエス。目の前でこれを見た弟子たち。船を捨て、従い、これで幸せになれると…
  4. 代父母は必ずカトリック信者でなければなりませんか?ナザレのイエスの生と十字架死に、神のこの世界に…
  5. 使徒言行録を読み、パウロ書簡を読むにつけ、パウロとアンティオキア教会との関係が気になります。第一回宣…
PAGE TOP
Translate »