神の摂理 年間第8主日(マタイ6・24~34)

「明日のことまで思い悩むな」と今日のみことばは結びます。『バビロニア・タルムード』の中に「明日のことを心配するな。その日に何が起こるか、お前には分からないからである。あるいはお前は明日生きていないかもしれない。そうすればお前は自分のいない世界のことを心配していることになる」と。箴言27・1にも「明日のことを誇るな。一日のうちに何が生まれるか知らないのだから」とあります。人間は昔から目先のことにクヨクヨしてきたのでしょう。目の前にあることについて私たちは心配しますが、長い目でみると、それは些細なことだったりします。イエスのことばには、少々のことでクヨクヨしない気持ちが伝わってきます。

またイエスは「空の鳥をよく見なさい。種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの天の父は鳥をも養ってくださる」と語ります。イエスは弟子たちと共に、空を自由に、しかものびのびと飛んでいる鳥を見ながら、神様の私たちへの計らいがいかに大きいものかを語りかけたのでしょう。

さらにイエスは「野の草でさえ、神はこのように装ってくださる」とも語ります。パレスチナの草花は色彩豊かですが、寿命はとても短いものです。雨期の後に数週間もすれば、花はしぼんでしまいます。それでも神様は養ってくださいます。7年前の8月下旬、友人と一緒に中央アルプスの空木岳(うつぎだけ)に登りました。樹林帯を過ぎて、ハイマツの至る途中には、ニッコウキスゲの群落がとても鮮やかに咲き誇っていました。ずっと登りつめてきただけにその花は疲れた心身を癒してくれました。その花も長期にわたって咲くわけではありません。パレスチナの草花と同様に、短命です。それでも神様は養ってくださるのだなあと思いました。

私たちの周りを見渡すと、数知れない神様の摂理があり、恵みに満ちたものを深く感じるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  2. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  3. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  4. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  5. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…

ピックアップ記事

  1. —ルカはなぜパウロの殉教を記さなかったのですか? ルカが『使徒言行録』を記したのは、パウロの殉教から…
  2. 2017年10月16日~20日、メキシコ・キューバ管区で、生涯養成コースが開催されました。…
  3. 私と聖パウロ修道会(召命)とのきっかけはいたって自然で、当時はそれが普通だったような気がします。…
  4. フランシスコ会聖書研究所『聖書』からの『新約聖書』版。原文校訂(本文批判)による口語訳。本文…
  5. ムンバイでのCAP-ESW研修会の2日目について報告します。午前中は、管区長・地区長がそれぞれの地方…
PAGE TOP
Translate »