CAP-ESW会議最終報告(インド・ムンバイより)

日本、韓国、フィリピン、インド、オーストラリア、米国の6か国の管区長、地区長、使徒職責任者、編集責任者、28人が集って行われた会議が終了し、私たち3人は無事帰国しました。

今回の会議のテーマは下記のとおりでした。

人々に向かうパウロ的ミッション
Pauline mission towards the masses

会議では、日本におけるカトリックは人口の0.4%にも及ばないこと、私たちの使徒職は99%の人たちに向かうのが本来の方向性であること、しかし、私たちは99%の人たちがどんな痛みを持ち、どんな苦しみに直面し、何についての福音を求めているのかわからないこと、相手のことがわからなければ適切なコミュニケーションは不可能であり、宣教もできないないことなどが報告されました。

これを踏まえて、「決議文書」には、日本の今後の努力目標が挙げられています。それは一言で言って、自分たちだけで考えのでなく、「自分たちの力+スペシャリストの力」で、状況を分析し打開するという方法を選択するということです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 十数年前に「三位一体の改革」という言葉が流行しました。教会の「三位一体」という言葉が都合よく使われた…
  2. 東日本大震災後87カ月目を迎えて「震災のための祈りのリレー」が行われます。祈りのリレーは毎月11…
  3. 私たちは、1日に何回「父と子と聖霊」という【三位一体】の神様を口にするでしょうか。食前、食後の祈りを…
  4. 表には幼い姉妹が小船の中に座って手を合わせ、月の光に照らされながら湖の岸辺のマリア様の御像に向かって…
  5. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…

ピックアップ記事

  1. 聖書には新約聖書と旧約聖書があると聞いていますが、それぞれの聖書は、もともとは何語で書かれたものなの…
  2. ミサの祭儀中に使用される式文とその解説をする。また祭儀における姿勢、聖歌、季節ごとにかわる祭…
  3. 復活徹夜祭は、「光の祝福」から始まります。司祭は、復活ローソクに火を灯し「キリストの光」と唱えます。…
  4. 2017/4/8

    枝の主日
    四旬節最後の主日(四旬節第五主日の次の日曜日)は、「受難の主日」または「枝の主日」と呼ばれます。典礼…
  5. 同病相あわれむというか、ヤコブは病身の同級生アゴスチノ・ボレロ(Agostino Borello)と…
PAGE TOP
Translate »