神の無償の愛 年間第7主日(マタイ5・38~48)

「目には目を、歯には歯を」といいう言葉を、出21・24、申19・21、レビ24・20などに見出すことができます。これは古代オリエントの「ハムラビ法典」の中にも見出され、それだけ古い掟です。なぜこうした掟が登場したのでしょうか。「同害復讐」の規定は、被害者か加害者に対して憎しみのあまり、過剰な報復に走ることを抑止するもの(創世記4・23~24)で、損害と罰を等しくすることによって、加害者の償いの実を示すとともに、被害者の感情をさだめ、こうして相互に悪に陥ることを避け得ると信じられていました(『新共同訳 新約聖書注解』Ⅰ参照)。これはイスラエルに限らず、古代社会でも基本的なルールと言われ、江戸時代の「あだ討ち」に似たものを感じます。慣例化していた「目には目を、歯には歯を」に対して、イエスは「復讐することを否定」しています。具体的には「だれかがあなたの右の頬を打つなら、左の頬をも向けなさい」と。

またイエスは「下着を取ろうとする者には、上着をも取らせなさい」と語ります。普通、下着を取るためには上着を取らないとそれはできません。ここで「上着を取らせる」とは、寛大な心を持つことです。すなわち心の広さ…。与えられたものに感謝し、小さなことにこだわらない姿勢が見えてきます。

また「父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださる」と言います。人間の狭い気持ちだと、善人には太陽を昇らせ、悪人には太陽を昇らせないで、むしろ闇の世界へと…。また雨が少ないパレスチナの事情で考えるなら、正しい人には雨をもたらし、正しくない人には干ばつをもたらすと考えてしまうかもしれません。しかし、イエスはどんな人にも均等に恵みを与えてくださる心があります。これはまさに「神の無償の愛」から来るものです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 聖パウロ会の母院が建ち、中古のフランス製版機を買い入れたころ、ミラノの郊外セント・サン・ジョワンニに…
  2. どんよりとした天気の中、サイゴンから南へ50km離れたカンジョ(CAN GIO)へ行ってみました。…
  3. 2018年5月19日、教皇フランシスコが召集した枢機卿会議において、福者パウロ六世教皇をはじめ6人の…
  4. 枢機卿(cardinalis)は、教皇の最高顧問です。重要な案件について教皇を直接に補佐する…
  5. 教義と秘跡。この枠の中だけで人々を導くことはできるのか。すべての人々をイエスの弟子に…

ピックアップ記事

  1. 人にはそれぞれ名前がついていますが、親にとってはその子どもの将来を考えて名前を付けたことでしょう。私…
  2. 教会は、1月26日に、聖パウロの協力者であり、弟子でもあった聖テモテと聖テトスを祝います。この2人の…
  3. とまにちわ!かつての花街の面影を見せる四谷・荒木町界隈。1983年、荒木町は花街の歴史を…
  4. とまにちわ!毎年やっているからなのか、年に一回しかやらないからなのか、なぜか慌ててしまう、灰…
  5. 私たちは、何か楽しいことや嬉しいことがあるとき、または、何かのイベントがあるときなど、何日も前から指…
PAGE TOP
Translate »